鉄は熱いうちに打て?

 ワタシはいつだってタイミングを逃しちゃう。
で、気づいたらもう冷めてる。
一度冷めたら、もういくら叩いても、熱い時のようにはいかないんだな。
はあー。
「一冊の本」
この間読んでいた時は、すごく感動して、ヨッスウィ!これは、読書感想文書くゾオオ
なんて独り盛り上がりながら読書してたのに!!、、、、、、、
2週間たった今日、いざ書いてみるっキャ。
なんて、パラパラめくるけど、もうあの感動はどっかにいっちゃったみたいだ。
一体どこにいっちゃったんだろう。
人間の感動は長続きしないのだ。
でも、だからこそ熱いうちに煮詰めて凝縮した感動を書きとめておきたい。
って衝動にかられるんだろうな。
感動のメモリーの証として、、、、、、
う〜ん。
2度読むのはちょっと億劫だ。
読めばグッとくるのは間違いないのにー!!
やっぱり、鉄は熱いうちに打っとかないと、降って湧いたインスピレーションだって、
すぐにどっかにいっちゃうのだな。

b0090823_23273128.jpg















why not? blog ranking!!!
[PR]
by holly-short | 2006-06-15 23:28 | diary
<< プレゼントの重さ 価値感の揺らぐ時 >>