お魚みたいな彼

b0090823_20281754.jpgプールで頻繁に泳ぐようになって半年くらいがたつ。ワタシは元々平泳ぎしか出来ず、泳ぐよりも走る方が好きだったので、それまではあまりプールに行くことはなかった。スポーツクラブの会員なので、なにを使っても自由で、大抵ランニングマシーンか、サウナか、何発打ってもFREEの屋上にあるゴルフレンジで遊ぶか、その周囲にある一周100Mのトラックを走るか、そんな程度で行ったり行かなかったり。。。。はじめは、筋トレのクラスやヨガのクラスにも参加してみたりしたのだけど、、どうしてもああいう皆で同じ動きをするというクラスには馴染めないのだ。ダンスも嫌いだし、好きになりたいけど憧れはあるけど、どうしても駄目。センスが無いの。ゼロ。で、やる気も沸かないからいくらやってもステップすら覚えられない。ヨガなどはスローな動きに途中で飽きてしまい、いつの間にやら寝てしまう始末。で、結局楽しくないからこれまた辞めてしまう。孤独癖が強いのか?協調性がないのか?結局はひとりで黙々とやれるようなスポーツが肌に合うようです。身勝手な性格なのです。自由気ままとも言います。しかし、ずっと体育会系なので、運動は好きで、身体を動かしていないとちょっと気が狂いそうになる。で、しかたなしに走る。とりあえず、走る。ただ、走ると前々から足が痛くなるので、(酷い外反母趾の為でしょうか??)走るから、泳ぐに唐突に切り変えたのでした。それが、けっこう楽しくて今では週に3,4回くらいのんびり下手くそなクロールで泳いでいます。夏は水が冷たくて本当に心地良い。ヒエヒエに冷えたソーダゼリーの中に入ってしまったような気分になります。プールの後はお風呂に入って帰るので、経済的でもあるんだな、これが。
そして、ワタシのプールライフで、なによりも気になるのは、お魚みたいな彼。なんの情報も、もちろん話したこともないのですが、とにかく泳ぎが巧いのですよ。まるで水を得た魚のごとく、プールに入るともはや人間とは思えませぬ。色白で、端正な顔つきに、逆三角形の逞しい肉体美もあいまって、プールでは羨望の眼差しを独り占めしています。もはや女性だけでなく、男性の視線をも奪ってしまう程に。たぶん現役の水泳部か、元水泳部か、そんなところだとは思うのですが、もうまるで常人の泳ぎとは1ケタも2ケタも違うのです。それは正に、イルカ並。まず、壁をキックしてズーンと進む距離というか?伸びが違う!!イルカだけに、ドルフィンキックでぐんぐん25メートルの半分以上は潜ったまま進んでしまいます。でも、それだと泳ぐとこないので、しかたなく?適当に?あがってきては、泳ぎだすのですが、ほっとくどドルフィンキックのまま25メートル楽々と身体をゆらゆらさせながら潜水艦のように進んでしまう。バッと水面から顔を出したかと思うと凄い勢いでバタフライなどするので、周囲はちょっとビビります。すごい迫力と、美しさと速さに目を奪われます。同じ列で泳いでいた人などは彼の泳ぎにビビって、違う列にそそくさと移動してしまいます。私も経験がありますが、ホントに自分の泳ぎがいたたまれなくなり、そそくさとプールを後にしますた。彼が25メートルを泳ぐと、距離が縮んだのか?と思う程短く感じるの。で、その雰囲気を取り込んだまま泳いでみるのですが、やはり彼のようには泳げる筈がなく、25メートルは25メートルのままなのでした。

push! blog ranking!!!
[PR]
by holly-short | 2006-09-26 20:29 | diary
<< コスモス 上質な遺伝子 31 >>