はじめて書いた短篇小説。

あけましておめでとうございます。

2007年の朝です。んんんやはり普段となにも変わらなーい。
テレビをつければお正月ムードも高まるってもんかもしれないけど、
ワタシは殆どテレビを見ないのでやはりつけない。
お正月、ってことでワタシがはじめて書いた短篇小説は、いちおうお正月っぽいので、
ここにUPしてみます。

はじめてちゃんとまとまったものが書けて、文芸誌(って言うのかなあ??)に
載った超ラッキー?ファーストラック満点の作品です。
2000年ってことで、実に7年前だ!ワタシも年とったな〜。
本当はこういうのって、UPしちゃいけないの?なんて思ってみたりもするけど、、
なんかすべてをここに集約したい衝動にかられ、、、、
それに誰かに読んでほしい欲求にも突き動かされ、、、
まあ、後藤さんは気にしないでしょう。心のひろーい御方なので!元気かなあ。
(あいかわらず赤い靴下はいて、そこら辺をうろうろしてるのでしょうか、)
今度会う時は、赤い靴下をプレゼントしよう。

それではお正月スペシャルってことで、、、、(なんだそりゃ、、、)
※※ あまりの字の多さに一回でUPしきれず、、、前半、後半でわけてUP。

push! blog ranking!!!

↓waste land 別冊。
b0090823_1052417.jpg
[PR]
by holly-short | 2007-01-01 10:56 | diary
<< 暖炉のある生活。 ゆらゆらと  (後半) >>