ワタシの脳味噌。。。

 b0090823_082276.jpg
 さーて、2月で仕事も辞めることですし(気分はもう終了してるケド、、ってことで、辞めるぞ!早く辞めさせてくれ!)すぐに就職活動する予定のないワタシはしばしお勉強でもしてみるキャ、、、、という心境。うわ〜こう書いてみるとなんかゆる〜い。こんなんで大丈夫なのか??元来暇にすごく弱いので、何かしないとマズイという気持ちもあって、三食昼寝付き?の生活をよいことに、イヤイヤそれに感謝しつつ、せっかくだからお勉強でもしてみようかと。。。。で、気分を盛り上げるため読書中。そうそう、ワタシっていつも実質的なことをほったらかしにして、その周辺ばかりに気をとられ、盛りあげることばっかりに精力を使い自己満足してしまうのだ。。。解かっちゃいるけど、辞められない。←あ〜これは、今後マジで改善せねば〜って、よく考えたらこんな文章を書いていること自体これに値しちゃうのだけど。。。。でも、自分のこと書くのは楽しいので辞められな〜い。
 
 ワタシは前々から身体の話や脳の話が好きで、難しいことは解からないんだけど、一般向けに書かれたそういう本は駝鳥さんの趣味もあいまって家にゴロゴロしているのでよく読みます。養老孟司なんかも読みやすいものはスゴク面白くて脳味噌の観点から物事を観るその視点や見解に驚かされることしばしば。今、こうして自分が文章を書いたり考えたりしている最中も自分の意思とは別に脳味噌がフル回転に活動していて、その意思そのものも含めて制御されている。んんんん〜不思議。まるで小さな宇宙が頭の中にあるようだわ。で、今回「脳の学習力」(子育てと教育へのアドバイス)という本を読んだので、ここにメモしておく。

 『脳はあらゆる種類の学習を可能にする機械であること。学習に年齢制限はないということ。学習はどんな年齢でも出来るもので、学ぶのに遅すぎるということはないんだってさ!老年になると多少能力は減退するが、脳は老年になるまで、可塑性を持ち続けている。一般に脳は使われる頻度に応じて変化する。使わなければ、失われてしまう。脳は、いつもその環境に適応していく。』

 なんて、自分に都合のよいところをピックアップしてみた。で、文中に素敵な表現があったので、それもついでにメモ。

 『学習についていえば、教師は庭師に似ている。教師は庭師のように学習する人の心に種をまき、よいアイディアや重要な事実に栄養を与えたり支柱をつけたり、誤解や間違いを取り除いたりする。よい庭師というものはすでにあるものを生かして誰も想像しなかったような素敵な庭を造ることが出来る。ガーデニングとおなじように何を素晴らしいと観るかについては、多くの考え方があるし、文化の違い、時代の流行もある。それでも、それぞれの庭にあるものを最大限に生かして、とても斬新で、みんながいいと思うデザインに仕立てあげることもできる。庭師が庭の手入れをするように、庭師の仕事にも終わりは無いのである。。』

 ワタシのバヤイ専属の庭師を雇うゆとりもないので、とりあえず自分で荒地を耕すとこからはじめてみますかね。。ゆっくりじっくり耕して、いっぱい栄養を与えて、今どうにか育っている奇妙な植物たちも見守りつつ、自分好みの植物の種でも空いてるスペースに植えてみるかな。。。。 push! blog ranking!!!
b0090823_017614.jpg

















susan jamison
[PR]
by holly-short | 2007-01-21 00:09 | diary
<< やっぱりね、、、 そして、誰もいなくなった。。。。 >>