お菓子の国のお姫様。

b0090823_0454896.jpg Vanessa Paradis
そう、ワタシ言わずと知れた大のチョコレート好きです。チョコレート大好き。ブログのタイトルもチョコレートバーだし〜。お菓子の中ではチョコレートが一番好き。毎日平気で一枚くらい(いや、もっとか?)食べちゃいます。別にね、そんな高級な奴じゃなくてもいいの。と、いっても好きなモノは限られているけど。。。スーパーでは明治のストロベリーチョコ(ドピンクのラッピングが一際目立つ!)を平気で5枚くらい鷲掴みにして大人買い?します。でね、これってどうなのかとも思うけど冷凍庫で保存するの。冷たく堅く冷えたチョコをパリパリして口の中でトロケルのがたまらないのだ。。。。(邪道?)お菓子作りにハマッている駝鳥のおかげでお菓子の国?と化している我が家。そして私は、そんなお菓子の国のお姫様なのでR。(soyucoさん命名!)って駝鳥に言ったら、「勘違いするな!オマエはお菓子の国の使用人だ!」(アシスタント兼皿洗い担当)と駝鳥に冷たく切り捨てられました。。。。。って、ことで今日はお菓子好きによるお菓子好きの為のお菓子の専門店CUOCA(クオカ)に使用人としてお使いに行ってまいりますた。ホントこの店、最近出来たばかりなのだけどお菓子の材料や道具なら何でも揃っているのだな。可愛い型やラッピングなんかも色々あって前回は思わず駝鳥もケーキ型や使うのかも知れないようなヘンな道具などを衝動買いされていました。でね、その店にはガラス張りのChocolate roomがあるのだよ。店の一角がガラスの小さな小部屋になっていて、壁一面に世界各国の厳選されたチョコレートがうやうやしく並んでいます。室内はちょっと温度が下げてあって肌寒し。基本的にはお菓子の材料用のチョコなので、ラッピングや見た目には特にこだわりや華やかさはないんだけど、、、チョコレート好きにはたまらないチョコレートで埋めつくされた空間。今日も、せっせとチョコを買って帰って来ました!って、ことで最近スーパーのチョコを辞めて!製菓材料用のチョコをそのままポリポリ喰っているワタシです。だってね、同じ分量でコストを計算してみたら材料用のチョコレートの方が全然お徳なんだもん。(そのかわり大袋のみの購入。ま、なんら問題ないけどね!)しかも、断然美味しいし、小さいピースになってるから食べやすい。ワタシのお気に入りは、ヴァローナというフランスのメーカーのホワイトチョコです。これ書いてて思ったケド、ワタシの好きなチョコレートってどれもカカオ成分が滅茶苦茶低そうなものばかりなのだな。。。ホワイトチョコやストロベリーチョコ、ミルクチョコレートなんかが好きなのだ。。。こんなワタシにピッタリの?テースティングチョコレートなるものを購入してきたので、いざ何%のカカオ成分のチョコが自分にぴったり合うのか実験してみませう。29%〜99%まで世界から選りすぐりのチョコレートが8種類。うーん多分ね、29パーセントのホワイトチョコが一番好きとみた。、、、ワタシって実はチョコレート通じゃないのかな。。。。。(自分ではそのつもりか?)
以下は、正しいチョコレートのテイスティング方法ざます。

1.表面の艶をみる
2.割って音を聞く
3.香り(アロマ)をかぐ
4.口溶けを感じる
5.甘味、苦味、酸味を味わう

b0090823_04721100.jpgb0090823_048087.jpg push! blog ranking!!!左はね、姫??のおやつ。ドライマンゴー(生はアレルギーで食べられないのだが、何故かドライならオッケー!これも大大大好物。白いのがヴァローナのホワイトウェーブ、ピンクのがストロベリーチョコ、これまた製菓用なり〜
[PR]
by holly-short | 2007-03-10 00:48 | groumet
<< 赤を見る。 息継ぎ。。。 >>