考える間もなく、、、、、、

b0090823_23471659.jpg mark ziselson



最近はもっぱら歩いて1分でプールに行けるので、まるで風呂屋にでもいくような感覚で夜9時になるとプールに出かける日日。歩いてすぐだけに「さあ、行くゾオオ!」なんてちょっとした気合をいれる間もなく、心の準備もないままに、次の瞬間にはプールで泳いでるっていう、マイプール状態なのだ。水色の液体の中でゆらゆらと揺られるのってとっても気持ちイイ。やはり、なにをやるでも、それに付随する様々な条件ってすごく重要なファクターなのだな〜と近頃実感しとります。そして、なんでもやりはじめてしまうと、意外と楽しかったりするのだ。それをはじめる為の準備の時間や、手間がかかったりすると、もうそれだけで疲れちゃうっていうか、面倒になっちゃう世界って実際あったりするもの。あげくの果てに、迷いに迷ってそれをやらなかったりするようになんかなったりしたら、怠け癖がついてもう当分駄目、ダラダラ、グズグズとやらなくなっちゃう。ワタシの場合、なんでもそうなのだ。ブログも、一瞬(実は)「あー面倒。もうヤメターイ。書くことなんてないし〜。」なんて思って、数日書かなくなると、もう駄目。ダラダラダラリーンと書かなくなって、そのうちその存在すらも忘れちゃったりするっていうか、忘れたくなっちゃうというか、見て見ぬ振り、気づいて気づかぬ振りをするというか、そんな感じだ。。。。もちろん泳ぎたくない時は泳がなきゃいいし、書きたくない時は、書かなきゃいい、簡単なことなんだけど、、でも実は実際に泳ぎはじめたり、書き始めたりしちゃえば、はじめは億劫だったり意味を見出せなかったりしても、やっているうちに気持ちよくなったり、楽しくなったり、とても有意義なことをしているような気分に浸れるなんてこともあったりするってことなのだ。しかし、それは実際にやらなければ起こらない。この感じ、忘れないようにしておこーと。なんなく、そんなことをメモしてみるワタシ。ようするにあんま深いこと考えず、どうせ他にやるべきこともないのなら、なんでもやれることは、やってみろってことかな。。。だから、深い事を考えず書きながら考えたことを適当にアップしちゃえってことかな。。。鉄は熱い打ちに打てってことでもある。?と、なんだか訳ワカメになってきた所で、毎回参加しているnouseaよりヨーノ委員長に仕切って頂いているお題小説。今回のテーマは自由で事前にテーマ提出が必須?とのこと。で、ワタシのテーマは成りゆきで「外仕事の兄ちゃん、鳶職っぽいニュアンス」とのこと。うーむ、鳶職ってのは、ワタシまるで知識ないから外そうかな。。。ま、外仕事いわゆる肉体労働する男子をテーマになにか短いストーリーを書こうと思いまっす。そう!もう何も深い事は考えず、とにかく書き始めればいいのだ!などと、自分にとりあえず言い聞かせてみる今宵台風迫る午後23時51分でした。
[PR]
by holly-short | 2007-09-05 23:48 | diary
<< いい男とYシャツとワタシ。 蝉。  蝉  。蝉。    蝉... >>