雪掻き。。。。。

b0090823_21313578.jpg Christopher Silas Neal


あああああ〜腰が痛い。というわけで急遽コンペから連日雪掻きへと変更となった受難の日日。ゴルフ場は完全にクローズ、今後の見込みはまるでたっていないものの、社長いわく金曜日にはオープンしたいと仰られているようです。今週末は三連休だし、絶対に週末までには!!と思っているんだろう。しかし、現在のゴルフ場は一面の銀世界と化しており、ゴルフ場というよりもスキー場状態。雪もまだ全然溶けていない。一面真っ白。グリーンやバンカー、カート道すらどこにあるのかも解んないような状態なのだ。連日といっても昨日からだけど、100人体制で雪掻きしておりますが、ホント「これ意味あるのかああ?」と思う程仕事が進まん。なんせ、36ホールありますから、それを9ホール25人体制に分かれての雪掻き。今日はとりあえずカート道を開くということで、幅1Mの道をちょっとずつ雪掻きしたのですが、いやマジで雪掻きって相当の肉体労働ですね。雪掻きやったことないって訳じゃなかったケド、今回の雪掻きに比べたら、今までの雪掻きなんて子供の遊びみたいなもんだったヨウ。大体厚み50センチ位ある雪をシャベルですくっては、邪魔にならない場所に捨て、すっくては捨ての繰り返しなのですが、その単純作業が非常にキツイ、ツライ、ツマラン。。。。ずっと中腰の状態での重労働なので非常に腰にくるのです。といって同じ体勢から次の体勢へと変わる時が、また非常にキツイ。立ってツライ、屈んでキツイ、雪はどんどん両腕に重くのしかかってくるうううう。なんて感じに皆喋る元気もなく、黙々作業しておりました。一緒に行きのバスに乗ったキャディのオバ様が「雪掻きは本当にキツいから、働いてる振りをするのが大事よ。まともにやったら、どっとくるワヨ。働いている人の側で、うろちょろ作業している振りをしていればいいのよ。」なんて言ってたけど、実際やってみると人数も限られているし、働いてる振りなんて絶対に無理ですから。むしろ皆どんどん真剣になっちゃう感じだった。口数もどんどん減っちゃって、黙々ととにかく早く終わらして〜!終わらしてくれ〜!!みたいな感じで、皆やっきになって雪掻きしてたよ。「キャディと雪掻きどっちが楽ですか?」って聞いた時もその人「うーん。やっぱり気を使わなくていい分、雪掻きの方が楽かな〜」なんて言ってたケド、マジですか?ワタシは、百倍雪掻きの方がツライですから。。。それとも、やっぱ本当に手抜きして、働いてないんだろうか?又それはそれでスゴイな。尊敬しちゃうかも。。(?)初日は雪の中での野外活動ゆえに超防寒して、ニット帽に耳隠し(ていうの?カチューシャみたいの。。)タートルネックのセーター、マフラー、ダウンコート、ホカロンっも貼って完全防備で挑んだのですが、それが暑いのなんのって。寒いのなんてはじめの5分位で、作業しだしたら、もう汗だくもいいとこのサウナ状態。たぶん湯気出てた。半袖の人なんかもいて、はじめマジで?と目を疑ったケド、途中から半袖が羨ましく、眩しい位だったワ。午前の部がようやく終わり、お昼休みの間に(ランチはゴルフ場のおごりでした。カレー。)中は薄いニット一枚、その上に雨合羽、帽子はツバ付きのキャップ(雪の照り返しが強く日焼けしちゃいそう)という軽装に変更。冷たいジュースも必須ということで午後の紅茶ミルクティとレモンウォーター、キットカットをポケットに入れて再び嫌々出陣しましたよ。。。もうそれこそ強制労働者のような気分で、とにかく雪をすくっては捨てすくっては捨て、終わりなき(一応あるんだけど、気分的にはない。。。)道を何処までも。。。。ってことで本日は9ホール中3と半分も行ってないとこまでやって、あえなく一時終了。続きは明日ってことで、重い腰を抱えせむし男のようになりながら、帰路についたのでした。あああああああー腰が痛い重い。マジで明日もやるのか?これ。。やれるのか?。。。もうこの際、自然解凍でいいじゃーん。金曜日オープンなんてゼッテー無理だゼイ。なんて本気で思う今宵。疲れたから「パフューム」読みながらもう寝よう。明日起きたらきっとこの腰、大変なことになっているんじゃあるまいか?なんて不安を抱きつつ、おやすみなさーい。ボンニュイ。
[PR]
by holly-short | 2008-02-05 21:32 | diary
<< カリスマゴルファーHとHなゴル... ワタシとゴルフと母上と、、、、 >>