Aladdin の灯油ストーブ

b0090823_2336173.jpgも二週間程前に我家にやってきました。というのも、実家でパピー(元カリスマゴルファーH?)と一緒に電気屋で実家用に買ってきた灯油ストーブAladdin社製に心惹かれ、ワタシもその後つられてネット購入したのでした。で、これも本当の話なのですが、洗濯機同様!灯油ストーブを購入し、それを使い始めたらそれまで使っていたハロゲンヒーター(洗濯機型のヘンテコなヒーター!)が壊れたのだ。。。すごいタイミング。なんなんだろーこれって。。。。ちょっち怖い。それこそ以前ゴルフコンペで貰った多分安物のハロゲンヒーターで、速攻温まるので非常に便利で毎朝愛用していたのだけど、噂によると電気代が高く、半径1メートル位しか温まらないから(しかも近づきすぎると皮膚が痒くなるっ)ちょっと問題あるなーなんてずっと思っていたのだ。それでもここ何年かはハロゲンヒーターとホットカーペット、こたつ、厚着、羽根布団の持ち込み等等でお茶を濁してきた。ファンヒーターも一台、上の方に付いてるのだけど、ワタシはあのフウァ〜って感じの温風が大嫌いなので、ここ数年つけたことなし。そんなこんなで遂に憧れの灯油ストーブを購入するに至ったのであります。で、今時灯油ストーブ?なんて時代錯誤な代物を選んだ理由は、デザインがなんとなくカワユイから、Aladdinというレトロでお洒落なロゴとその響き、燃費の良さ、それでもまだ安価な灯油価格、そして何と言ってもその最大の魅力はストーブの上で料理が出来るという点に尽きるのであーる。実家でも、焼き芋を焼きそのあまりの美味しさに心引かれて、購買意欲に火が付いたのでありました。結局また食べ物かよ、、!みたいな。。。やかんのお湯も常に温かく、程よい蒸気が漏れるので加湿器の役割まで果たしてくれる。ミカンの皮を置けば程よいアロマを放ち(貧乏臭っ。。)まさに一石二鳥、三鳥、四鳥の役割を果たしてくれる優れものなのだ。安全性の低さ、一、二時間に一回の換気、灯油購入、注入の手間ひま、時たま灯油臭い(わりとこのニオイ嫌いじゃないケド)などなど勿論マイナスポイントもあるんだけど、そんなこたーあまり気にならん程目下気に入っております。はじめて灯油を買いに行った時など、ルンルン気分で徒歩10分の道のりを歩き、買ったばかりのポリタンクを持って近所のガソリンスタンドに行ったのですが、何リットル買っていいのか解らずに、なんとなく20リットル購入。しかし20リットルってメチャクチャ重たいのですね。力持ちのワタシはなんとか(維持とド根性で)途中何度も休憩をとりつつ死に物狂いで家路に辿り着きましたが、本当に手がもげるかと思った。それ以降は自転車を台車代わりにして行くように。と言ってもまだ2回しか買ってないから、やはり灯油はお得かもしれない。それにボウボウと燃える灯油ストーブの上でスープや野菜が温まっている姿って、なんというか本当に愛すべき存在だ。というわけで本日のディナーは、焼き野菜のサラダとカリフラワーのリゾット(山盛?)。両方とも灯油ストーブの上でコトコト煮、じりじり焼いて作りました。んー美味。b0090823_23363818.jpg





雪掻き報告。
雪掻きダラダラ進行中。だんだん日常化してきて特筆すべき事もなし。
本日、恵みの雪降らず、といって相変わらずのゲレンデ状態に改善は見られることなく
明日も強制労働は続く。。。。本日のお昼は麻婆豆腐、ひじきの煮付、ワカメの味噌汁。
[PR]
by holly-short | 2008-02-09 23:29 | diary
<< マンマのイタリア土産。 洗濯機その後。 >>