フォアグラな夜。

b0090823_8164391.jpgあー暇。昨日までゴルフのことで頭が一杯でそれだけでなんとか過ごしてきたけど、そんなゴルフも無事終わってしまいなんだかすっかり気の抜けた炭酸のようなワタシ。今日は一日何していいのか解らずに適当に家事をしつつ、こたつに張り付いて呆然と人のブログばかり眺めてました。世の中には色んなオモロイブログがあるね。キャディの仕事も3月中旬まではあまりない(週末のみ)他に色々やるべきことがある筈なのに体が動かへん。4月からは忙しくなるんだから、色々やればいいのに、洋裁もやればいいのに、読書もすればいいのに、映画も見たいもの一杯あった筈やのに、なんで何も出来んのやろか?企画小説だって書く時間あんじゃん!と自分に言い聞かすも体も頭も思考が動かへん。気力をすっかりゴルフに持ってかれてしもたんや。そんなゴルフも終わてしまい呆然自失状態なん。あーワタシ、マジで駄目な人間やわ。こんな人間でええんやろか?(駄目やろううう)で、なんでいきなり大阪弁?それが解らへんの。なんとなくやね。そんなこんなで気力も湧かず、夕飯も適当に、それでも豪華にマンマのイタリア土産に入ってたフォアグラと生ハムの高級缶詰で夕飯と決めこみました。パンはブール、駝鳥作、焼きたて。焼き野菜の温サラダもなんとか作ってみた。(適当な野菜を切って焼くだけ。ドレッシングb0090823_8165889.jpgは塩胡椒オリーブオイルとバルサミコ酢。)なんとこのフォアグラ1缶7千円程もしたんだとか。ユーロの計算を間違い、間違って買ってしまったらしい。しかも3つも!!!(マンマ♪馬鹿あ?ワタシ的には嬉しいんだケド。。)そんなこんなで、1缶お裾分けしてもらった。ラッキー。イタリア高級食材店“peck”のフォアグラなのだ。実はワタシ、こんながっつりフォアグラ食べるのはじめて。なんかカスみたいなフォアグラは多分今まで何度か食べた事あったような気もするけど(結婚式などで)こんなチャンキーな塊でしっかりフォアグラ食べるのは今回がはじめてかも。この黒いカスみたいの、もしかしてトリュフ?イタリア語解らんので缶詰の裏書き解読不明だけど。それにこの生ハム、すごい上物そb0090823_8171170.jpgう。色も鮮やかで綺麗だし、香りも極上な気がする。そこらへんの生ハムとはひと味もふた味も違いそう。一枚一枚丁寧に透明フィルムで仕切られ丁寧に折り畳まれていかにも高級そうな缶詰に収まってまっす。そんなこんなで食べる前から、その並々ならぬ存在感に圧倒され、五感を刺激され、正にグルマンの食卓と化した我家なのでした。
!!フォアグラ!!すごく濃厚でフワッーと鼻に抜けるような香り(これはトリュフ効果?)が心地よく大変美味。美味し過ぎる。フォアグラてこんなに美味しいものなんだ。知らんかった。あっさりしていて全く癖がなく、パクパク食べられちゃう。でも、すごく濃厚できっとカロリーもすごくすごく濃厚そう。なんだかムラムラするような感じ。(あはは)食後鼻血が出るかと思ったケドどうにか出なかった。パンに塗ってワタシは例のごとく1人でフランスパン1本以上食べちゃった。ワタクシ部類のバケット好きなもんで、一回の食事でバケット一本平気で食べれちゃうの。生ハムも今まで食べたどの生ハムよりも美味だった。たっぷりバターを塗ったパンに挟んで最高だっb0090823_817241.jpgた。塩分も程よく、きめ細やかで質感もしっかりとしてた。プロシュートメローネ(メロンの生ハム巻)なんかにしても最高だろうなあ。やはり高級品はだいぶ違うなあ、値段もだいぶ違うけど、きっと飼育方法なども通常のものとは違うんだろうね。契約農場などで、野性的に育てられてるんじゃないのかしら?「いのちの食べ方」みたいな人工的に機械化された農場ではなく。そうであってほしい。そうだと思う。しかしフォアグラって、いわゆる病気の肝臓なのよね。それを人工的に人間が作るんだよね。機械かなんかをガチョウのクチバシの間に深く深く突っ込んで無理矢理食物を喰わせ肥えさせ身動きがとれなくして肥満体にし、肝臓を脂肪肝にするという、、、なんか残酷だなあ。でも美味しい。グルメの影に犠牲あり。。やはり人間は罪深いなあ。しかし、どちらとも非常に旨いことに間違いはなかった。ワタシは赤ワインも飲んですっかりご機嫌にフォアグラな夜を過ごしたのでした。まだちょっと残ってるけど、どうしてくれよう?最高級サンドイッチでも作って食べるかな。。。
楽しみ♪ムフフ。。。
[PR]
by holly-short | 2008-03-05 08:17 | groumet
<< ゴルフ練習箇条書きメモ。 ゴルフ練習の心得 >>