カテゴリ:diary( 86 )

ホルモンで脂まみれ。。。

b0090823_225249.jpgLuigi Salvioli


なにもしない週末。あいかわらず図書館でぶらぶら、ついでに本も借りた。(って、実は借りっ放しの本を返せ!と督促の電話が来たのだ〜。。。毎日通ってるのにね。。。)
マリリン・モンローの生涯を小説化した「BLONDE」(上) 面白そう。本当に読むのか?
川端康成の「みずうみ」 タイトルに惹かれて、、、吉本ばななも同じタイトルの小説を書いていた。読んでないけど装丁がとても奇麗だったので、気にはなったの。本日借りたこの本は大活字シリーズで、ちょっとした絵本並に大きな文字で書かれている。ご老人や目の悪い人を対象にしているのか?夜寝る前に読むにはこのくらい字がでかい方が読みやすいかな?と、ワタシも便乗。あ。ワタシも目、あんまよくありませんから。。。普段は裸眼で眼鏡かけてませんけど、あんま見えてない。超のつくド乱視です。でも何故か運転免許は眼鏡必須じゃないの。目をしかめると、けっこう遠くまで見えちゃうから。しかし、生まれつき目が歪んでるっ!ちゃんとした球体じゃないっ!!てことでコンタクトレンズは不可。(見た目は普通だが、、)読書する時は黒斑の眼鏡をかけてます。裏がピンクの眼鏡も持ってます。
夕飯。この間外で、食べた塩ホルモンがめっぽう旨かったので、家で再現してみる。まず近所のホルモン屋でホルモンを買う。(九州にはホルモン屋があるのだ!と言っても、本日初めての買い物)八百屋でニラも買う。ついでに苺も。苺は駝鳥がロールケーキに。。。ホルモンに塩をふり、胡椒をたっぷりふり、こんがりと焼く。最後にニラを和えるだけ、、塩ホルモン完成。ホルモンからたんまり脂が出てキッチンも部屋も脂でギトギトに、、、、でも、とりあえずは旨い。ホルモンの量が多すぎて、食べきれず残す。身も心も脂ギッシュに、、、。ちょっと気持ち悪くなる。お口直しに苺のロールケーキ。紅茶で脂を洗い流す。つもりだったけど、身体中のすべての毛穴から、脂が吹き出しているかのようにギトギト。顔はテカテカを通り越しギラギラしているううう。あまりの気色悪さにシャワーで脂を洗い流す。スイカの香りがするムース状の洗顔料で洗顔。髪も身体も泡だらけにして洗う。あー爽やか。キッチン周辺に飛び散った脂を掃除。。もうホルモンなんか、けして家で食べまい!と、心の堅く誓う。そんなどうしようもない一日でした。さ、「みずうみ」でも読むか。。。
blog ranking!!!
[PR]
by holly-short | 2007-04-21 22:53 | diary

センチメンタルな旅。

b0090823_22252292.jpg 「センチメンタルな旅・冬の旅」 by 荒木 経惟


 ひと昔前は、旅行にばかり行っていた。家にじっとしていられず、旅行から帰って来たら、いや旅行中ですら、もう次の旅行を計画していた始末。しかし結婚してからというものまるで旅行とはまるで無縁な人間になった。何故だろう、、、理由はよく解らないけど、別に特に行きたいと思わないの。旅行に行くよりも、旅行記や写真集を眺めている方が楽しいかも?なんて思うこともしばしば。ま、双方の実家が遠いのでそこに行くだけで、一種の旅行気分を味わえちゃう?ということもあるし、たまに必要に迫られて遠出することもある。(出張に付いてくとか、、)昔だったら、メキシコに行きたい!(行きたい気分は満点なのだけど、、)なんて思ったら絶対にすべてを放り投げて(?)行っちゃうような人間だったのに、(もちろんそれがイイとも思わないけど)今はそうでもない。別に止める理由も何もナイのに。。。ま!気持ち(つーか気分?)だけは、いつかの時の為に温めておこう!なんてー感じにすぐにお茶を濁しちゃうのだ。。なんか、こう、つまらんね。
 なんて書いておきながら、、友人が遊びに来たので、柳川に行ってきました。九州では、皆よく行く観光地。北原白秋の故郷でもあります。福岡に在住約5年、柳川に行ったのは初めて。柳川といえば、アラーキーの写真集「センチメンタルの旅・冬の旅」。アラーキーと妻陽子さんの新婚旅行イン柳川の情景。あの写真集はとても哀しくて、でもとても好き。持ってないけど、たまに本屋さんで見つけては眺めてまた戻す。いつか買ってもいいな、と思っている。
 そしてワタシの柳川の旅も、友人の深刻な話によりとてもセンチメンタルなものに。きっと彼女にとって、今回の旅は相談の旅だったみたい。皆、目には見えないイロイロな苦しみを抱えながらどうに生きているんだなあ。また写真集「センチメンタルの旅・冬の旅」を見に行こう。またちょっと違った情景が染みてきそう。
b0090823_22255781.jpg


push! blog ranking!!!

柳川といえば、、、、
[PR]
by holly-short | 2007-04-16 22:31 | diary

肩こりと筋肉痛とインフルエンザ。。。

b0090823_23294774.jpgsusan jamison
ここ2、3日というもの突如ひどーい肩こりに悩まされ、肩がこってこってこってこって仕方がなかった。もうそれこそ吐き気がするくらいに肩がこってこって、もうこれは慣れない図書館通いのせいだわ。などと、自身を深〜く憂いていた。あまりに肩がこるので、もうそれこそマッサージか、この際近所で(徒歩1分)細々と経営している鍼灸院の門をたたこうか?と思った程。しかし、両方とも行ったことないし、したらしたでずっと行き続けなくちゃいけなくなるのでは?と恐れ、肩こり位でお金を搾取さられるのも勿体ないと、自力で直すべく行動に出た。まず最近いつも通ってる図書館より徒歩2分の100円ショップで自力肩揉みマシーンと手やその他のツボを刺激できるイボイボボールを買ってきた。して、それらを図書館にも携帯し、もうどうしようもなく肩がこると、おもむろに鞄から取り出し、周囲を伺いつつたまに使用。しかし、だんだん時間がたってくると、もうわざわざ隠して使うのも面倒になってきて、最後の方にはもう肩に引っかけておく程の大胆さと遠慮のなさで周囲を圧倒!!(ま、大して人もいないのだ。。と弁解も挟みつつ、、)しかし、もめばもむ程肩が亀さんのように硬くなってくる。これは、もしや?ちょっと温めた方がいいんじゃないか?なんて思いたち、サウナへ。元々サウナは大好きなので極限まで我慢して、水風呂に入る、これを2ラウンド繰り返し、お次は水着を着てスウィミングへGO。水泳とかって、なんかこう肩こりに効きそう?なんて思って、、でもそれでも全然よくならなくてむしろどんどん酷くなる一方。二の腕なんて日本脳炎の筋肉注射をした時みたいに筋肉がしくしく痛む。だんだん肩こりに加え全身筋肉痛のようにもなってきて、腹筋が痛くて笑えない程。珍しく食欲も減退。いや、食欲はあるんだけど、筋肉が痛くて食べられない。しかしね、気分的には超元気なの。ただ、身体がついて来ないっていうか、身体がこわばるっていうか、他人のしっくりこない肉体を無理矢理着せられているみたいな違和感120%。挙げ句の果てに昨日など、なにを血迷ったかサウナの後に今まで一度として参加したことがなかったスリムスリム(と、いうタイトル)の1時間の痩せ身ダンスレッスンにも参加してみた。踊って手足を伸ばせば少しはスッキリするかしら?と思ったのだ。。しかし、まるで踊りについていけずただ嫌な汗をたっぷりかいただけだった。。。ぐったり疲れて家に帰り、肩がこるこるこるこるこる〜ともう連日言い続けているので駝鳥にもウザがられ、見放され。亀さんのような心地でぎこちなく洗濯物などたたんでいると、ふっと熱があるかも?と思った。で、いざ熱を電子体温計で計ってみると37.5℃もあった。平熱が、35℃台のワタシにとって、これはけっこうな熱であります。なんか、熱があると思ったら一気に身体がフラフラしてきましたね〜。馬鹿にしていた駝鳥も態度を一変。と、いって駝鳥は泊りで仕事だったので、夜食用のスープを作って苺と飲み物を買って来てくれた。結局、徒歩2分の病院に行ったらインフルエンザだってさ。まさかー!と思ったけど、そうらしい。今、流行しているインフルエンザは鼻水とか咳とか特徴的な風邪の症状がなく、筋肉痛がみられるんだとか。インフルエンザウイルスに筋肉が犯され、筋肉が溶けているから痛いんだって!本当か?ワタシの鍛え抜かれた(嘘!)筋肉が溶けてるなんてえええ!!!恐〜い。しかも肩揉みとか、挙げ句の果てにサウナ、プール、激しいダンス等すべては逆効果で、事態を悪くするばかりだったようっす。あはは。。。たぶん図書館でインフルエンザもらってきたのに違いない。昨日の夜は、38.7℃まで発熱〜。しかし、ずっと寝てたら今日の夕方頃からかなり回復してきました。で、今現在は布団のとこに座椅子を持ってきて寝ながらこれ書いてるって状況であります。滅多に熱など出さないので、布団の周囲にあらゆるモノを置いて超快適空間を作成!意外とこの状況を楽しんでいる。と、いうかね、相変わらず気分は上上なんだもん。ただ身体がね、ついて来ないだけ、、なんせ筋肉が溶けているみたいっすから。。ついでに企画小説も書いちまうか?と思ってますが、もう山場は越えたのか?今までないこの感じ!まるで先が読めーん。ぎゃあー!!そして相変わらず筋肉が痛〜いのであ〜る。(涙。涙。)
push! blog ranking!!!
[PR]
by holly-short | 2007-04-09 23:31 | diary

春の夢。

b0090823_21393132.jpg春といえば、お花見。ってことで先週末は、形ばかりのお花見をしてきました。と、いってもワタシはあんまりお花見は好きくないので、本当にピクニック程度。だって、お花見って、なんつーか大抵寒いんだもん。それに、酔っぱらってるのに片づけるのがとても面倒。(ものぐさなのだ)ってことで簡単にサンドイッチ(パンから駝鳥作)(ちなみに上は花見とは関係ないけど、フレーバーティ−ベーグル、、、の焼く前の生地。)をもってふらっと大濠公園へ。(福岡で大きな公園と言えばここであります。)以外に温かく、心地よいニャ〜なんて思ったのも束の間、すごい強風にあおられ、桜吹雪のなか早々に帰ってきました。

で、春なのにワタシってば、穴があれば入りたい。。なんて気分。別に鬱々としているとか、暗くなっているとかっていうんではなく、なんとなく心地よい穴があったら、そこに籠って好きなことばかりして孤独な時間を過ごしたい。なんてー妄想に取り憑かれております。ま、人はワタシのことを好きなことばかりしてるし、孤独だし、わざわざ穴に籠らなくても?なんて言うと思うけど、、、。春なのに、もう冬眠したい気分で一杯。草木が芽吹く頃って頭がオカシクなりやすいっていうけど、、、、ワタシも頭がオカシイのでせうか??っていうかね、最近、いやマジで書くことがないの。何を書けばいいんだろう??としばし、コンピューターの前でフリーズするくらい。。短編小説に取り込む程の時間はないし、かといって他に書く程のこともなく、、、PCを前に呆然としちゃうのだ。つーことで更新も怠っております。どっかに心地よい穴?ないかな。。。
で、だから、って訳でもないけど、、、夢のことなど書いてみる。
maybe blog ranking?

タイトル?(誰も聞いていませんから、、)
[PR]
by holly-short | 2007-04-04 21:40 | diary

機内誌あれこれ、、、

他所から人が来る場合、かならず「機内誌を持ってきてね!」「忘れないでね!」と何度も念を押す。(そんでもね、ついウッカリ忘れる輩がいるのだよ。。)ワタシにとっては、ちょっとしたお土産なんかよりも機内誌を貰う方が断然嬉しかったりする。そんな機内誌好きなワタシにとって、飛行機に乗る時の楽しみといえばなんつっても機内誌を読みふけることにつきるのだにゃん。だいたい飛行機に乗るとすぐに寝てしまうから、機内誌は正に睡眠導入材のようなものでもあるのだな。楽しくページをめくりつつ異国や郷土の情景に思いを巡らせているうちに(この時間が一番心地よい)ゆるゆるゆる〜と眠りの世界へ誘われる。。。。その間に離陸、安全確認のデモ、機内販売、ドリンクサービスなんかが(たぶん)つつがなく通り過ぎるも、まるでおかまいナッシング。飛行機の揺れに身をまかせつつ機内誌を胸に抱きぐっすりんこと熟睡から爆睡へ、、、、。んで到着する間際、または着陸のちょっとした衝撃で、または到着して無理矢理起こされようやく嫌々目を覚ます!なんてー有様です。。勿論ね!機内誌はお持ち帰り。

今月は、客が来たり、飛べない駝鳥がわざわざ飛行機に乗って出張したりして機内誌が2つも揃いますた。全日空の「翼の王国」と日本航空の「sky word」。この2つ読み比べると個人的には「sky word」の方が断然面白いと思ふ。(ひいき目に見て、、、?)「翼の王国」は、写真もカッコええし、オシャレだけど、、すこし内容が希薄な感じがするのだな。文章も少なめで雰囲気重視の詩的(つーのか?)な物が多く、ちょっち掴み所のないビジュアル本と化しているような。。。(あくまで私見)その点、「sky word」はなかなか読み応えあると思ふの。特に連載記事は、人選も内容も充実していて面白いれすよ。ワタシがいつも楽しみにしてるのは、旅する脳by養老孟司。それに、ページをぺらっと1、2枚めくったところにある、いい感じの写真と旅と食のエッセイ。(今回は衣装デザイナーのワダミエでした)これもなんかもね、なかなか洒落てて旅行気分をいい案配に盛り立ててくれる。(たとえ、旅行中じゃなくとも!)あと、あんま好きくないと思っていたけど、浅田次郎の「つばさよつばさ」の連載も何気に毎回けっこう楽しませてくれる。ってな感じに「sky word」、全体として執筆陣の豊富さに軍配があがるのだ。ま、読んだ号にもよるんだろうけど、多分こっちの方がだいぶお金かかっているんじゃないかな。最近の日本航空は地に落ちてしまったので褒めるとこっていったら機内誌ぐらいなんですけど、、、。(知り合いが多いので、ちょっとでもいい所を探そうかなーなんて思って。。。)しかし、どんなに会社の経営が苦しくとも、機内誌の質だけは落としてほしくないなあ、と切に願います。だって、それってお土産の質が落ちるってことだし、飛行機に乗る楽しみが1つ減っちゃうってことだもん。そんなの困るうううう。
b0090823_23493728.jpg
[PR]
by holly-short | 2007-03-19 23:50 | diary

息継ぎ。。。

b0090823_8143423.jpgCarlos&Jason Sanchez
楽しい有給生活のハズが、、というかこのままもうお仕事完了するのですが、、、毎日あまりにも自由過ぎて困るううう。まるで糸の切れた風船のよう。。。
または定年後やることのない初老紳士とか。。
なんつーことは、はじめっから大いに予想していたけど、(これで無職になるのは実に3度目だから!)しかし、やはり手持無沙汰とはこのことだね。解かっていたけど、解かっちゃいるけど、やはり何からもコントロールされない、強制されない状況は人間にとって、生きることを難しくするんじゃなかろーか。。。。なんてね、ワタシ暇にめっぽう弱いの。


だってね感覚遮断実験で生活のための活動をトイレと食事以外まったく行わせず、あらゆる刺激を極度に制限すると、人間は落ち着かず、やがていてもたってもいられない程不快になるとか。で2、3日この状態を続けると思考に乱れや空白が生じ、白昼夢のような空想や幻覚的なイメージが浮かぶんだってさ。で結論としては、正常な心理状態の維持には、適度の刺激にさらされながら自発的、自主的な行動をしている必要があるとのこと!

ま、これは極端な例だけど、外からの刺激の大小はモロに精神に影響してくるのだよ。白昼夢は見てみたいけど、、、いてもたってもいられない状況は勘弁だ。。。こうなったら外部からの刺激不足は自分自身で作り出すしかないのだな。
(おい、なら働けよ!、、、、って働く気は今のところ無いんだけど。。。)
ま、せっかくぽっかりと出来た空白の時間なので有意義に使うっきゃないのか?

って、ことで毎日図書館に通ってます。家にいると気が狂うので無理矢理外出!(といっても徒歩3分)読まなくちゃイケナイ(誰が決めたんだ?)(それはワタシです。)本が沢山あるのだ。こうなったら脳味噌に直接刺激と栄養を注入!ってことで図書館で読書の日日。よく考えたら最高のバケーション?暇をみて筋トレ、水泳、ゴルフ練習なんかもしちゃったりしちゃって、、、。(これは以前と変わらんけどね)ま、こんな生活いつまで楽しめるか見物だ。なんせワタシ、めっぽう飽きっぽい質ので!
まー久々の息継ぎ(息抜き?)ってことで許してチョンマゲ!

息継ぎって言えば、プールで泳ぎ初めて半年くらいたつんだけど、だいぶクロールが様になってきた。(あくまでも主観!)元々平泳しか泳げなかったのら。クロールは息継ぎがまるでアウトだった。やっとこ右で息継ぎするも、息が上手く吸えなくて、泣く泣くクロールそのものを丸ごと断念していたの。しかし、何度かクロールのレッスンを受けて基本を教わった。しかもインストラクターによれば、息継ぎは左右交互にすると泳ぎのバランスが良くなるとか。練習するなら始めっから左右交互に息継ぎをした方がいいと言われて無理矢理なかば強制的に溺れそうになりながらも左右交互で息継ぎするようにしていたのだ。
半年たった今じゃー左右スムーズに同じくらいの気軽さで息継ぎできるように変身!口なんかも半分水から出せば充分空気を取り込めるまでに成長!泳ぎもだいぶ美しく滑らかに!(もちろん自己評価!)ってことで、「成せば成る成さねば成らぬ何事も〜」なんて説教爺さんみたいに締めてみるか。。。。実際そんな大した努力も苦労もしてないんだけど、ちょっとずつ定期的に練習しているうちに身体や脳が動きや呼吸を自然に覚えたのでしょう。脳味噌っげホント賢いのね!ってことではじめは無理でも何でもやっているうちにそれなりには順応、適応するというこの教訓を生かし、なんかを自分自身に課してみるか?

push! blog ranking!!!
[PR]
by holly-short | 2007-03-08 08:06 | diary

自分にご褒美を?

b0090823_157676.jpgPatricia mcdonough art work
なんつー感覚はナンセンスってよりも、いかがなものかと思うけど、、、昨日はそんな感覚満点でUNIQLOで洋服を一万円分買って帰ってきた。一万円で袋いっぱい買えるこのお得感と満足感、ウニクロならでは!素晴らしい。何を買ったかっつーとキレイなグリーンのカットソーとボーダー柄のマリン風リブ袖Tシャツ、オフホワイトのノースリーブ、膝下でカットオフしたスキニージーンズ、寝間着(兼部屋着(兼普段着??))用にもマリン風のボーダー柄のルーズなパンツなどなど。気の向くままにウロウロして、でもちゃんと試着して大漁帰宅。ウニクロ、縫製もしっかりしてるし、カットもそう悪くないし、素材はいまひとつだけど、コストパフォーマンスを考えれば十二分に見合ったなかなかの代物。なんといっても失敗しても、汚しても、洗濯を何度しても、結局ワンシーズンで捨てることになったとしても、全然気にならないのがいいところ。洋服なんつーもんは、ある程度の量をもっていて、どんどん洗濯し、次々と着回すくらいの方が清潔だし、朝いちいち右往左往しなくて済むから楽ちんなのでは?と思ふ。(あくまで個人的見解)しかし、たかが洋服、されど洋服。。。それでもこう見えて?ワタクシ無類のハイファッション好き(買うことは滅多にっていうか、、殆どないけど、、)そして無性なファッション雑誌フリークと書き添えておく!まっ、だからこそウニクロだってお洒落に?着こなせるのでRよ。って本当か???まっ、たまにはそこそこ上質な洋服も買うし、作るし、頭から爪先まですべてウニクロなんつーことにはならないようにしてるケド、、、なんとなく。でも最近気がつくとそうなっている。。。。

で、なんで自分自身にご褒美?なんて感覚に至ったかと言うと、、、、きのう人生で初めて確定申告なるものをしに税務署に行ったのですが、、、、それが何とも大変だったのです。(今まではね、色々あって誰かがやってくれてたのら!)作業自体は全然簡単で、え?これだけ?って感じだった。(終わってみればの話)しかし、、、、まず行ってみたら懇切丁寧に税務署の職員がワンツーマンでぴったり寄り添って教えてくれるんだけど、まず国民健康保険や国民年金(駝鳥さん自由業なので、、、)の領収書がなく、出直しを命じられた。片道自転車で20分の道程を往復して家に取りに帰る。。。(意地でも今日中に終わらせたいと思ったの)で、守備よく記載して、コンピューターに言われるがままに打ち込み、確認してプリントアウトして、再度チェック入れてもらい、最後に「ご印鑑押してください!」の一言に「へ?」。印鑑なんて持ってねーよ!(ちゃんと必要書類をよく読んでから行け!!ってことか?)んで、結局再度家まで取りに帰った。一度に言ってくれればいいのにさああああ〜(そんなエスパーじゃあるまいし解かるわけねーか)で結局、片道20分、往復40分を3往復、およそ120分、ってことは正味2時間も自転車を漕いだのだ!疲れ果てた。お蔭様で無事完了したけど。筋トレなみに、イヤそれ以上に足が筋肉痛に犯されました。精神的にもぐったり。しかし、お金が還付されるとのことで、なんか得した気分。3往復もした甲斐がありますた!(ただのウッカリなんだけど、、)帰り道、そんな不憫な?自分自身を労うべく?ウニクロで買いたい放題日常着を買いまくったつーどうしようもないお話。でも、大満足。そして、来年の確定申告は一回でクリアー出来るように必要なものをすべてちゃんと持って出かけること!ここにメモしておく。
push! blog ranking!!!
[PR]
by holly-short | 2007-02-24 01:57 | diary

リハビリ。

b0090823_1422877.jpgMarcel Dzama
 仕事も終わりが見えてきそうな、今日この頃。。。新しい職場にはすっかり嫌気がさし、営業マン不在の引き継ぎ作業に身も心も消耗しますた。。。というか、会社の合併ってーのは非常に難しいですね!はっきり言って、合併後のデータの移管もやりとりも全然まったくまるでうまくいっておりません。ワタシがいた会社は吸収合併された方なので、合併された大手のシステムに無理矢理合わせているわけだけど、、、サイズの違う服を無理矢理着せられているみたいでぜんぜんウマく機能せず、ボロが次々と出てきます!(ボロってのは、主に客からのクレーム!)それをどうにか丸く収める作業がまた一苦労!!野球球団も持っているような大手なので、それぞれ部署が細分化されていて、今までみたいに話が簡単には行かない!何を頼むのも1から説明しなくちゃいけないし、その説明もなかなか聞いてもらえない。ワタシの抱えているトラブル事態が、あちらでは信じられない非常識みたいなものなので、、、「一体全体、この人なに言ってんの?」って、終止そんな感じだ。なんて、対応をされると本当に自分自身なにを言いたいんだか??????解からなくなっちゃうダメなワタピ。ワタシ自身新しいシステムが理解できてない部分が多く、どうしようもなく話にならない。しかも、移管を担当した責任者は、もう部署が違うんだから色々責任を追求されても困る!知らない!自動投入したから解からない!各現場でそれぞれ対応しろ!の一点張り。。。挙げ句の果てに、上司は不在。。。ワタシの元上司の仕事を引き継ぐことになった営業マンは、ワタシと話す時はいつも首を傾げるばかり。。。あちらのやり方から言うと、こちらのやり方は、全体的に非常識らしい。。。しかし、この一年間あなたと同じ上司の下で一応働いてきたんだゾ!今まで何ひとつ言われてこなかったんだから(野放し状態だったもんで、、)しょうがないじゃーん!今は、この全部をオマエが引き継ぐことになったんだよ!なんか文句があるなら、ワタシに言わずオマエの上司に言え!と心の声はいつもシャウトしてるんだけど、私も全体的に腰が引けてきた今日この頃。だんだん、無口で寡黙な人間になってきました。責任者である課長は、何でも言って何でも引き継いで、なんて言うけど現実的にそりゃあ無理だろう。頑張れば、頑張る程、墓穴掘り、事態は悪い方向へ進むばかりだ、、、。こうなったらワタシ的には、すべてをひた隠し、今何も起こらないことを祈りつつひっそり、こっそり辞めたい気持ちで一杯なんですけどおおおお。大体、実際やっていた営業マンはいないわけだし、引き継ぐ担当者も自分の仕事が忙しくそれどころじゃない感じ。。。目の前のトラブルに対応して頂くだけでも(ま、後向きな仕事が多く残されているから致し方ないんだけど、、、、、)一苦労なのにいいいい。「私の辞めた元上司も含め、、オマエラ一体何やってんだよ!」なんて感じ百二十点満点。まっ、そう思う気持ちも解かるけどさ。それをやるのが、オマエの仕事なのだよ!ワタシをそんな白けた目で見るな!(と心の声は言ふ、、、)挙げ句の果てに、コメント欄で思わず(ってわけでもないけど、、匿名だからいいよね。。)書いた、上司の使い込み疑惑の勃発で、、、事態は更に悪い方向へ、、、、。未処理の未収金先に(会社が潰れそうで払えないと言っていたと元上司には聞いていた!のだが、、、、)取り立てに行ったら、入金履歴ナシのコクヨの領収書が出てきてしいました。コクヨだよ。コクヨ。今どき会社でこんな領収書出すとこなんて無いんじゃないか??。。。と、思うけどバッチリ元上司の名前と会社印(昔使っていた丸印)が押して、ご丁寧に収入印紙まで貼ってあるではないか、、、。一瞬、これを見たとたん、ちょっと氷りついたけど、、、まっこんなこともあるかもね!なんて思う気持ちも同時に湧いた!それは、別に私の元上司を攻める気持ちってよりも会社のいい加減な管理不行届きによるものかな。。。合併先の上司(この一年間)にしても、それ以前の会社組織にしても合併、移管でごたごたしていたとはいえマジでお任せ主義で、野放し状態だったんだもの。まあ、こいう事態が起きれば信用していたのに!!!なんて言うんだろうけど、、(実際言ってたし、、)信頼するのは、いいけどオマエの管理不行届きでもあるんじゃないの?なんてワタシ的には深く感じてしまうわけです。だって、その為の管理職でしょ?だから、必要以上に高い給料を貰っているんじゃないの?なんてー思っちゃうのだ。ま、これについては実際のところよう解からんケド、、、、、、この領収書のおかげで(一年前の領収書でっせ、、、その時点で会社としてオカシイでしょ?ま、これは前の組織の管轄で、合併中のいざこざに紛れ全然未収が未管理だったのだ。。。)昔の書類をひっかきまわし、入金履歴をすべてチェックしたり、すべての領収書(ちゃんとした方)の内容を契約番号と照しあわせて確認したり、他の未収についても洗い出したり更に手間がかかりますた。。。。まあ、当り前だけど入金履歴はありませんでした!その後、本人とも話したんだけど、まるで記憶にナイと言ふ。。入金したと思うけど(思う??)、、、履歴がないなら、使ってしまったのかもしれないと(しれない???)。。。。ああああ〜駄目だこりゃあ。。。その後、上司の派遣会社の人間も含め退職手続きと、、もろもろ話し合ったようですが、、、その後につていはすべて薮の中。。。。どうなったかはワタシは知りま千円。もう知りたくもないし、この状況から一刻も早く逃げ出したい。はじめは、仕事辞めたら暇で鬱っぽくなるかも?なんて恐れていたけど、、、、この状況よりかはマシだな。そういう意味では良かったのか?なんて前向きに?考えてみるも、明日も仕事〜、、、、というかもう今日だよ!!!!憂鬱だ〜。
でも、肉体的には元気一杯!今日もモリモリ筋トレしてきた位なのでご心配なく!ブログを書いてないのは気力が湧かないからってだけで、、、私の怠慢によるせいなのですううう。リハビリついでに、現況報告まで!!

push! blog ranking!!!
[PR]
by holly-short | 2007-02-15 01:40 | diary

やっぱりね、、、

b0090823_2123497.jpgMarcel Dzama
煮え切らない?週末を過ごし、、、というのも色色やらなくてはイケナイのに、思わずダラダラ過ごしてしまつた。。。←もうそろそろこういうの辞めてくれ!自分。。。それでも大好き?なディカプリオの出ている「デパーテッド」は、ちゃっかり映画館に見に行った。キャラメルポップコーンを食べながら鑑賞。先週、今いる事務所の支店長に教わった旨い!安い!早い!レシピ「塩ホルモン」に舌鼓を打ち、(まじで美味しかった。家が焼き鳥屋のようにモクモクになったけど、、、、)そんな感じで週末を過ごし、ようやく迎えた月曜日の朝、本日AM8時50分。出勤するとワタシの上司の席に人影が、、、、、、
「お!上司!ようやくご出勤されたのか????」と、思ったらワタシの上司の上司、派遣先の企業の課長さんでした!って、ことは、、、、、、、
そう。ワタシの上司は、会社を辞めたそうです。それもメール4行の短~いありきたりな文章で一方的な退職願い?というか退職通知?を感謝の言葉とともに関係者に一斉送付。。。。うわ~これだけかあ?引継ぎ、話し合いについては、一切拒否するつもりなのか電話にも出ないし、メールの返信もなし。派遣会社も本人と連絡とれずの状態だとか。。。おいおい、別に普通に辞めればいいじゃーん。「1月一杯で辞めます!さよなら~」と。いくらなんでもこれじゃあ、とっても後味悪くなっちゃうんじゃないか?こんなんじゃあ、もしどっかで誰かと又出会うことがあってもまともに話すことも出来なくなっちゃうよお。。。(まあ、話したくもないのかもしれないが、、、)大体次の転職先だって、決まったのか決まってないのかは、知らないけど同じ業界になる可能性が一番高いのに~。なんて、思うんだけど彼には彼なりの致し方ない心境があったのかなあ?とにかく本人が消えてしまった今、彼については何も解かりませぬ状態。上司の課長も目が点だ。。。。。まあ、とはいっても大きな会社なので現状の説明と引越しの手配、彼の不在の穴埋めについて適当に話し合って帰っていかれた。そして、最後に彼の言った一言にワタシの眉間にも皺がたくさん寄っちゃったのでありまする~。。。皺を刻まなくちゃいけないのは、眉間じゃなくて、脳みその方なのに~。。。。
「これで、×××さんも、すぐには辞められなくなっちゃたね!」だって、さ。
おいおい、ワタシは社員じゃないんだゾ!派遣だし、2月以降は現状違う場所での契約も無い身なのだ。彼の不在について、責任を持たなくちゃいけないのは、責任者であるア・ナ・タ・であって、ワタシには何の関係もないことなんですけどおおおお。←ってのは、本音で、本番では、「え~そんなことないと思いますけど、、、、」と眉間に皺を寄せ苦笑いしてみました。彼もワタシの困惑顔の反応に、「ま~この話は後々、、、、」なんて言葉を濁しつつも、「でも少なくとも一ヶ月はいてもらって一ヶ月間の流れをみてみないと残された方も困るよねえ。何も解からないし、営業担当がいなくなった今、何か問題が起きても誰も聞く人がいないんじゃあ、こっちとて話にならないしい。」だってさ。。。まあ、言わんとしてる事は解かるけど、ワタシにもワタシの計画があるんですけど、、、、。(まあ、確固たる計画が無い身だからとっても受身になってしまうのだけどさ。。)ワタシの意向については、もっと強く主張しておくべきだったかな。又しても反省しちゃうのか?う~ん、まったくワタシも懲りない奴だ。そして、もうどうでもいいやという心境。とにかく自分のことを考えよ~と。ま、行けばお給料も貰えるんだし、適当にゆるゆると有給消化しつつ働くか。、、、、、、、、、、?←な~んて、こんなこと思っているとまたズルズルと別れられない男女関係のように引きずられてしまうのだなああ。
push! blog ranking!!!
[PR]
by holly-short | 2007-01-22 20:06 | diary

ワタシの脳味噌。。。

 b0090823_082276.jpg
 さーて、2月で仕事も辞めることですし(気分はもう終了してるケド、、ってことで、辞めるぞ!早く辞めさせてくれ!)すぐに就職活動する予定のないワタシはしばしお勉強でもしてみるキャ、、、、という心境。うわ〜こう書いてみるとなんかゆる〜い。こんなんで大丈夫なのか??元来暇にすごく弱いので、何かしないとマズイという気持ちもあって、三食昼寝付き?の生活をよいことに、イヤイヤそれに感謝しつつ、せっかくだからお勉強でもしてみようかと。。。。で、気分を盛り上げるため読書中。そうそう、ワタシっていつも実質的なことをほったらかしにして、その周辺ばかりに気をとられ、盛りあげることばっかりに精力を使い自己満足してしまうのだ。。。解かっちゃいるけど、辞められない。←あ〜これは、今後マジで改善せねば〜って、よく考えたらこんな文章を書いていること自体これに値しちゃうのだけど。。。。でも、自分のこと書くのは楽しいので辞められな〜い。
 
 ワタシは前々から身体の話や脳の話が好きで、難しいことは解からないんだけど、一般向けに書かれたそういう本は駝鳥さんの趣味もあいまって家にゴロゴロしているのでよく読みます。養老孟司なんかも読みやすいものはスゴク面白くて脳味噌の観点から物事を観るその視点や見解に驚かされることしばしば。今、こうして自分が文章を書いたり考えたりしている最中も自分の意思とは別に脳味噌がフル回転に活動していて、その意思そのものも含めて制御されている。んんんん〜不思議。まるで小さな宇宙が頭の中にあるようだわ。で、今回「脳の学習力」(子育てと教育へのアドバイス)という本を読んだので、ここにメモしておく。

 『脳はあらゆる種類の学習を可能にする機械であること。学習に年齢制限はないということ。学習はどんな年齢でも出来るもので、学ぶのに遅すぎるということはないんだってさ!老年になると多少能力は減退するが、脳は老年になるまで、可塑性を持ち続けている。一般に脳は使われる頻度に応じて変化する。使わなければ、失われてしまう。脳は、いつもその環境に適応していく。』

 なんて、自分に都合のよいところをピックアップしてみた。で、文中に素敵な表現があったので、それもついでにメモ。

 『学習についていえば、教師は庭師に似ている。教師は庭師のように学習する人の心に種をまき、よいアイディアや重要な事実に栄養を与えたり支柱をつけたり、誤解や間違いを取り除いたりする。よい庭師というものはすでにあるものを生かして誰も想像しなかったような素敵な庭を造ることが出来る。ガーデニングとおなじように何を素晴らしいと観るかについては、多くの考え方があるし、文化の違い、時代の流行もある。それでも、それぞれの庭にあるものを最大限に生かして、とても斬新で、みんながいいと思うデザインに仕立てあげることもできる。庭師が庭の手入れをするように、庭師の仕事にも終わりは無いのである。。』

 ワタシのバヤイ専属の庭師を雇うゆとりもないので、とりあえず自分で荒地を耕すとこからはじめてみますかね。。ゆっくりじっくり耕して、いっぱい栄養を与えて、今どうにか育っている奇妙な植物たちも見守りつつ、自分好みの植物の種でも空いてるスペースに植えてみるかな。。。。 push! blog ranking!!!
b0090823_017614.jpg

















susan jamison
[PR]
by holly-short | 2007-01-21 00:09 | diary