<   2007年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

突然ですが、再び?キャディデビュー!

b0090823_2322582.jpg


ってことで、本日よりゴルフ場でアルバイトすることに、、、、。キャディとして働くのは実に12年振り。大学時代、ゴルフ部(中退組。。。)に入ってた時以来。2月末日で退職してから、半年以上も無職の状態だったので、そろそろ仕事をすることに、、、。というのは嘘で、失業保険がそろそろ切れそうなので :-P、、、働く事に!つーか、働かなくちゃでしょ!ってことで急遽就業〜。以前いた所のハローワークは全然うるさくなかったんだけど(つーか、何1つとして尋問どころか質問すら受けなかった。。。)、こちらのハローワークは結構ウルサいというか、熱心に仕事を探そうとしてくれるから、「どんな仕事がしたいんですか?」と尋ねられ、思わず「キャディとかってありますか?」って言ったら(絶対ないと思って言ったのに)「あります。」とあっさり言われてしまった。。。「しかし、なんで、またキャディなの?」とも。。。来年の4月からとある学校に通う予定なので、それまでの繋ぎとして何か適当なバイトがしたかったのも事実なので、とりあえず面接を受けることに。。。結局、ハローワークで紹介されたキャディは、ゴルフ場があまりにも遠く、仕事も毎回キャディ業務があるとは限らず(セルフOKのゴルフ場なので、殆どのグループがキャディを付けない)で、ない場合には違う仕事をしなければならず、すると時給もグーンと下がるっつーことで、辞退。しかし、その面接を受けたことでキャディのアルバイトは、意外といいかも?と思い、家から一番近いゴルフ場に電話してアルバイトの当てを聞いたら、あっさり雇われました。まあ、ワタシの年代でも、まだまだキャディとしては若いっつーのが1つと、経験者っつーこともあり、なーんて、つまり誰でもヨカッタのかもしれないケドねん。 ;-)  ハローワークで紹介された先のゴルフ場の支配人は、日焼けするというのと、イメージが悪いっつーことで、あんまりキャディの成り手がいないのだと、言っていた。まっ、ワタシの場合、お金さえもらえればイメージなんて全然気にならないので、キャディーとして再び颯爽(?)とデビューしてみました。しかし、あのダサイ制服にツバ付きヘルメット、その上ほっかむりみたいなのかぶるのは、どーもなあ〜、、、と微妙に抵抗があったのだけど、いざ着てみたら、なんてこともなく、すんなりキャディモードに、、、制服を着ると俄然やる気もUPしちゃったりするワタシは意外と肉体労働向きなのかも。ゴルフ部では、普通にゴルフをする格好でキャディしてたんだけど、それよか日焼けしなくてこっちの方が断然いいかも?とすら思った。仕事は?といえば、とりあえず研修で、ベテランキャディさんと一緒にくっ付いてまわるのですが、思った以上に楽チンだった。空気は綺麗で爽やかだし、よい運動といった感じ。ワタシ結構キャディ向いてるかも?とも、、、。日払いニコニコ現金払いなので、業務終了後、ポンと現ナマを手渡される。今時珍し〜と思いつつも、やはり肉体労働の後の現金は、その生々しさが働いた〜という気分にさせますね。と、いっても研修中だし、大して働きもせず、研修明けたからといってそんな大変な業務とも思えないケド、、、、。しかし、こっちに引っ越して以来一回もゴルフ行ってないので、メチャクチャゴルフをしたくなってきました。そろそろ父親をたぶらかしてゴルフに連れて行ってもらおうっと。ちなみに明日も研修〜。頑張って働くか、、、、。(ホントか?)
[PR]
by holly-short | 2007-09-26 23:24 | diary

ようやく沈没?

b0090823_083763.jpgPhoto: Annie Leibovitz


もうこのまま一生冷めずに熱し続けるのか?と思われた裁縫熱がようやく?燃え尽きてきた。。。今日はかろうじて残り火に息を吹きかけつつ、消えないように、でも重過ぎる腰をあげてキッチンペーパーケースを作成。。う〜ん、いまいちの出来。。。。結局、先週半ばにずっと大切にとっておいた高級布!でカーディガン風のコートを作成しようと思ったら、作成半ばで、もうどうしようもないぐらいに失敗して、つーか型紙が多分相当おかしく、布のチョイスにも多分失敗したのだな。(鳩みたいな色合いのランダムにいろんな色が入り交じったセーター風の生地。高かったのにー!!!)で、なんか婆さんがコタツで着るみたいな代物が出来あがりそうになったので、恐ろしくなり、慌てて、燃えるゴミに捨ててしまった。。。マイ裁縫ルール3を適用〜。。。。あー勿体ないことしたああああ!!もう無かったコトにしたから、過去は振り返りたくないケド、、、やはり大きな失敗は裁縫熱を興醒めさせるネ。。お陰でそれ以降、なにを作っててもやる気が湧いて来ない。枯渇。燃焼。消滅〜。まっ、相当今までやりまくってたから調度いいっちゃーいいんだけど、、、。自分の服を全然作ってなかったので、なんも着る服がない。(近頃、パジャマと普段着の境目が微妙に曖昧なワタシ。。。どちらかと言えばパジャマ寄りかな、、、、、)明日からちょっとずつ裁縫熱に火をくべるか(どうやって?)、、、、それとも、やる気は問わず、やらねばならぬと自分に強制するか。(そんなこと出来るのか?)ま、こういう時はやる気が出るまでやらないに限るんですけどねん。経験上ー。で、ここぞとばかりに近頃は図書館で本を借りてます。ってその殆どが雑誌だけど、、本もいくつか。。。そういえば秋は読書の季節。「グルメな女と優しい男」望月あんね「女たちのやさしさ」JG.バラード「悪い時」G.ガルシア・マルケス「刺繍」川本晶子などなど、、、、多分殆ど読まないで返却するんだろうけど、、、。で、現在なぜか「不思議な国のアリス」を飲酒しながら読書中〜。絵はトーベ・ヤンソン。抜けた感じが良い感じ。で、何でこんなもん(悪い意味でなく、、、)読んでるのか?といえばこの間姪っ子アンコのベビーシッター中に、2人でディズニーの「不思議の国のアリス」を見たから。それが、けっこう面白くて、原作を読んでみたくなったのだ。しかし、これとても子供向けのお話とは思えない意味深さ。本当にこんなもの(勿論、悪い意味でなく、、、)子供が読んで楽しめるんだろうか?作者ルイス・キャロルは、数学者で、友人の10歳の娘アリスちゃんを喜ばす為にこれを書いたんだってさっ!ルイス・キャロル、ロリコン説は、本当だろうか?、、、、友人の子供を喜ばすというだけの為にこんなものを書き上げてしまう辺、、、普通の人間じゃないことは確かだ。。。冒頭の写真は、Annie LeibovitzがVOGUEの為に撮影した「不思議の国のアリス」。デザイナーViktor & Rolf と一緒に、彼らのデザインした摩訶不思議なドレスを着たアリスがいい感じ!他の写真も、超有名デザイナーとの共演で、どれにしようか迷うくらい楽しく美しいものばかり。。。。やはりファッションはいいなあ。
[PR]
by holly-short | 2007-09-25 00:07 | 裁縫

ポッポのニュー彼氏出現、、、?

朝、Kより電話。

「大変や、」
「なに?産まれた?孵った?卵が割れた?どうしたの!!!???」
「いや、まだ産まれてないんやケド、、、ポッポの別の彼氏が来とるんやけど。。。」
「別の彼氏?」
「なんか、よー解らんケド鳩が何匹もおるんやけど、なんやろか、、、、ポッポの彼氏達かな〜?」
「達?モンジロウは?」
「うーん、なんか何匹もおって、どれがモンジロウか解らん。」
「だって、もうモンジロウ一目で解るって言ったじゃん。」
「それは、ポッポとモンジロウ、2匹しかいない場合や。それ以上鳩が沢山おったら、どれがどれやら皆同じような違うような、誰が誰やらよー解らんよ。」
「そんな何匹もおるの?」
「うん。」
「モンジロウが役立たずだから、ポッポが違う彼氏達を呼んだのかなあ。。。」
「かもしれへん。でも、ポッポは相変わらず卵、温めとるケドね。」
「そういえば、今日、家空けるんじゃなかったの?」
「予定変更や。今日は家に居ることになったんや。」
「ポッポの為?よかったー。今日は一番の危険日だもんね。卵が産まれてちょうど今日で2週間。。。」
「ま、ポッポの為って訳でもないんだけど、ちょっと仕事がこっちで出来て、、、。でも、卵はまだ孵らんみたいよ。本当に産まれるんやろか。。。」
「もうすぐじゃない?今日か、明日か、明後日か、、、、」
「もし、産まれなくても、ずっとポッポは温め続けるんやろか。。。」
「もし、孵らなかったらそのうち諦めるとは、思うケド、、、もしかしたら卵が腐るまでは温めるのかもしれない。人間の赤ちゃんがお腹の中で動くみたいに、ポッポも卵の中で動く雛を感じたりしてるのかなあ?」
「うーん解らん。ちょっとポッポをどけて、確認してみるか、、、、。でもこの調子だと産まれなくても後一ヶ月ぐらい温め続けそうな気合の入りようだけど、、、。」
「産まれるでしょ。今日が予定日だし、2、3日遅れることはよくあることじゃない?知らないけど、、、」
「せやなあ。産まれたら産まれたで困るけど、産まれんかったら産まれんかったで、それも困るんやけど、、、。鳩はどんどん集まってくるし、ホンマ鳩屋敷になってしもとる〜。。。困ったー。」
「あはは。その鳩たちは、もしかすると親類縁者かもしれないよ。もうすぐポッポの卵が孵るから、皆顔を見ようと集まって来たとか?人間だって、赤ちゃん産まれる時は家族が病院に集まったりするじゃん。そんな奴じゃない。恐らく、、、、」
「せやろか。。」
「うん、、、、、?」
「あー、仕事にいかなきゃ。。。帰って来たらどないなってんやろー。最近、家に帰ってきてベランダを見るのが恐ろしくて仕方ないんやけど、、、。家主なのに、なんでこんなに気を使わなくちゃならないんやろー。」
「あはは。そのうち、鳩と一緒に出勤出来る日もくるかもしれないよ。」
「ふーむ。呼んだら来るようになるかなあ?」
「なるなる。メールなんてなくたって伝書鳩で文通とかしたり出来るようになるかもしれないよ。」
「あー恐ろしやあ。。。ほな、会社行ってきまーす。」

⑳ ポッポのニュー彼氏?(影になってるけど、ポッポは定位置で卵を温め中〜。)         
b0090823_1549397.jpg    




→ ???ピヨピヨ洗濯バサミ???
                  b0090823_1549266.jpg







←猛烈温め中?のポッポ。。。
[PR]
by holly-short | 2007-09-24 15:49 | ポッポと紋次郎

まだ。。。

Kへメール。

   まだ?

メール受信。

⑲ 「まだよ!」byポッポin ハトヤ。

b0090823_19464310.jpg
[PR]
by holly-short | 2007-09-23 19:46 | ポッポと紋次郎

スパイシーな今宵。

b0090823_15574374.jpgb0090823_1558097.jpgスパイス。
スパイス。
スパイス。

このスパイスの大量の小袋は、マミーのネパール土産。「ワタシ、ネパールに行ってくるからねーん、、、」と言ってネパールに出かけた母上は、沢山のお土産を担いで帰って参りました。うちのマミー、旅行の楽しみは、その半分以上は買い物で占められている。特にお土産にはいつも相当気合が入りまくっていて、いつも色んなもの買って来てくれる。大量に。。。そして、そんなお土産の善し悪しが、母上の旅先での活躍の是非を決定する模様。こういうのって帰国後の旅の余韻つーの?違うか、、、、。なんで、とにかくお土産は褒めちぎって次に繋げるに限ります。スパイスは駝鳥のリクエストで買ってきてくれたもの。意外とこういう、「あれそれ買って来て!」リクエストも大喜びます。(珍しい人だよね。。。)むしろ「ねえ、何買ってきてほしい?」と旅行前は何度何も聞いてくる。ワタシはネットで調べた帽子がいい感じだったのでリクエストしてみた。これは、他の人にも大好評で「あーん。もっと一杯他の人の分も買ってくればよかった。あーん。あーん。私としたことが、、、、」と五十回くらい連発し、後悔してました。後悔するだけでなく、まだネパールに残ってる友人に追加で買って来て貰う!!などと、電話を何遍もかけまくったそうですが、ネパールへの国際電話、まるで繋がらなかったんだとか。。。。よかったネ!友達。。繋がらなくて、、、、b0090823_15582092.jpg他に天然石のピアス、天然石のアクセサリー、フェルトの髪飾りなどくれた。でも、ワタシは今回のお土産、帽子がもっともお気に入り〜。中にフリースの生地が貼ってあってとっても温かそう。冬はこれをかぶってプールに行こーっと。帽子の右上にあるのは、あちらのお手玉、でも針刺しとして買って来てくれた。これもカワEー。もっとも針刺し一杯もってるので、もうこれ以上刺す針が無いケド、、、。で、大量のスパイスを手に入れて興奮冷めやらぬ駝鳥は、さっそくスパイスをカレーに。このスパイスミックス、買ったスパイス屋のすべてのスパイスが少しずつセットになってるもの。レシピ付き。開けただけで、開けなくとも、すっごい異国情緒なスパイシーな香りが半径1mくらいたち込めます。スパイスは嫌いじゃないので(むしろ好き)いい香りなんだケド、、すべてが入り交じった香りつーのは、ちょっと強烈で、まるで台所が外国の市場みたいになってます。本日のカレーは、カシミールチキンカレー。いや〜とびきり旨かったー。マジで!ナンも焼いて(ワタシじゃないケド、、)まるでインド料理のよう!(ってインド料理なんですが、、)b0090823_1558342.jpgb0090823_15584783.jpgb0090823_1559311.jpgスパイスは、クミン、ガラムマサラ、カルダモン、クローブ、ローリエを使ったんだとか。。。。(エ?それだけ?)ってことでスパイスはまだまだ豊富にあるので色んなカレーやエスニック料理が当分楽しめそうです。私はカレーではなくモロッコ料理に挑戦してみたい。タジンとか、、、カレーよりももっとあっさりしていて日本の煮物に近い感じなのよね、でも甘くなくてスパイシーなの。これだけスパイスがあればきっと出来ないエスニック料理はないんでないかな。。。。しかし大量に訳わかんないスパイスを含め色々あるもんで、開封した後しまうところに非常に困る〜。今のところ小さなジャムの小瓶やジュースの空き瓶などが活躍してますが、そろそろ在庫も尽きるし、どうするかな。。。まるで魔女にでも、なったような気分。魔女の母上にもカレーを御馳走してやるか。。。。「魔女の宅急便」のジジが大好きな姪っ子のアンコにも。。。。と思ったケド彼女はまだカレーが食べれないのだった。しかも、キキは、薬草などの調合が出来ない駄目魔女なんだよね。空を飛ぶ事しか能がないのだ。全然関係ないけど本当に宮崎駿はロリコンなのかしら。。。。
[PR]
by holly-short | 2007-09-23 16:03 | diary

モンジロウ、超厳戒態勢の巻。

Kから電話。

「おい、産まれたぞ!」

「。。。(°θ°;) ピヨピヨ??。。。嘘? 嘘〜!! ギャアアアア!! ウッソオオオオオオ〜♪♪」


「嘘や。嘘。嘘。ハハハ。。」
「、、、、、、、、」
「まだ産まれん。本当に産まれるんやろか。。。」
「なんだー。本当に産まれたのかと思ったじゃん。ビックリしたー。」
「おう。変化なしや。ポッポは温めてるケドね、、、相変わらずやつれとるなあ。」
「うーん。そろそろ産まれてもいい頃だよね。この連休中が一応予定日の筈なんだけど、、、」
「駄目なんとちゃうか?」
「大丈夫だよ。ポッポちゃんも紋次郎もけっこう献身的に卵温めてるもん。これで産まれなかったら、もうこの世に鳩なんていないよ。」
「うん。どっちかがいなかったことなんて殆どないからな。でも、この間知り合いの人にポッポのことを話したら、コンクリートの上に卵を産んでも温度が上がらないから殆ど孵らないと言っていたゾ!」
「でも、あれだけ藁やら枝やらで盛り上げれば大丈夫でしょ?紋次郎の地道な努力で集めたんだから。。。」
「うーん。と、思うんやケドなあ。実は明日明後日家を空けるんよね。。。せっかくだから卵から雛が出てくるとこも写真におさめたかったんだケド、、、まだやろか。ちょっと卵を刺激してみるか?箸でつついたら出てくるやろか?、、、」
「駄目だよ。ほっときなよ。ポッポに怒られるよ!」
「それがさー今日は紋次郎が超厳戒態勢をとっとる。」
「紋次郎もいるの?」
「おーおるゾ。なんかずっとこっちを監視しとるよ。お!目が合った。」

⑰ モンジロウ、エアコンのかげで監視中
b0090823_1704081.jpg


「いつもだったら、今は紋次郎が卵温める時間なのに何か変じゃない。もうすぐ産まれるんじゃナイの?今日、明日ぐらいに。。。」
「せやろか。。。」
「うん。」
「じゃあ、こっちもしばし監視体勢に入るか。」
「もう、すっかり動物カメラマンだね!」
「おう。床に這いつくばって携帯片手に手を伸ばしてだな、なかなかの重労働や。ギャラを出してくれ!」
「アハハ。頑張って卵から雛が出てくるとこ撮影してね!無理かもしれないケド、、、、。」
「うむ。撮ったらナンボくれる?」
「500円かな。。」
「ホンマ?よーし。撮るゾオおおおおおお!!!」
「、、、、、、、:-P。。。。。 」(ホンマかいな。。ごっつ安上がり♪♪)

⑱ モンジロウ、電線から監視中〜
b0090823_170135.jpg
[PR]
by holly-short | 2007-09-22 17:03 | ポッポと紋次郎

ポッポちゃんやつれ気味。。。

携帯が鳴る。

「ポーッポッ、ポッ、ポッポッ。。。。こちらハトヤホテルの鳩使いです。」
「、、、、、、、、」
「ポーッポッ、ポッ、ポッポッポッポッー」
「あのー。ついに気でもフレちゃったの?」
「もう、ポッポちゃんが疲れとる。こっちも疲れきっとるケドな。。。。」
「なんで?ちゃんと温めてるんでしょ。」
「温めとるケド、なんか最近ポッポちゃんがやつれてきた。」
「もうそろそろ二週間になるもんね、やはり産まれるまではスゴーク疲れるんじゃない?ずっと卵を温め続けなくちゃいけないし。。。」
「寝てるだけやろ?疲れるやろか。。。紋次郎もこきつこうとるし、、、」
「寝てるのかなー?卵温めている時は、実はあんま寝てないんじゃない?なんせ関西人という魔物の窠に卵を産んじゃったわけで、常に気が抜けないというか、、、いつ何されるか解らないというか、、、、」
「バーカ。こっちだってエラい迷惑なんやー。本当ならベランダからポイッ、ポイッ、ポーイッってな感じに卵を捨てたいくらいやー。そしたらポッポちゃんナイスキャッチしてくれるかなー?」
「する訳ないじゃん。それにもう今更見捨てることなんて出来ない筈やー」
「そんなことあらへん。でも最近窓開けたり「話しかけたりしても」あんまりポッポちゃん怒らなくなったよね。前はもっと「ポーッポッ、ポッ、ポッポッポッポッー!@!$%$%$#%#&!!!ってな感じに怒り狂ってたんだけど、、、、元気がナイというか覇気がナイというか、やつれてきちゃった感じや。大丈夫やろか?ホンマに産まれるんやろか?」
「大丈夫じゃない?殆ど毎日24時間卵温めてるんでしょ?」
「温めとるぞお。紋次郎と協力体制で、殆ど温めてない時間ってないんとちゃうか?紋次郎がイイ加減気味なのがちと気にはなるケド、、、。」
「なら大丈夫だよ。コンクリの上とはいえ、下はもうだいぶフカフカの巣になってるし、ワタシの調査によると9月10日に卵が産まれてるから、9月24日で調度2週間。だから後もう2、3日2週間まであるよ。まあ、もういつ産まれてもオカシクない時期であることは確かだけど。。。。いよいよ佳境って、そんな感じじゃない?」
「産まれたらどうなるんやろか。。。」
「産まれたら、4人家族でピーチクパーチク賑やかになるよ。良かったネ!」
「アホう。いいわけあらへん。。。」
「もう大人になっちゃった野生の鳩は、なかなか人間になつかないけど、雛から顔を覚えさせて手なずけておくと、大人になってもなつくようになるんだってよ。呼んだら来たりとか、肩とか手にとまるようになるかもしれないよ。」
「ホンマ?2匹とも手乗りバトにするか。。。肩に鳩を2匹乗せて散歩とか出来るようになる日が来るのかなあー?」
「来るよ。来るよ。それでこそ本物の鳩使いだよ。」
「あれ?待てよ。ポッポがなんか怒っとるゾ!」
「なんで?ポッポッポッポッ、、、言ってるの?」
「いや、何も言わんケド、なんかこっちを睨めつけとる。赤目むき出しにして「何するねん」という顔しとるんやケド、、」
「なに見とるねん!って思ってるんじゃないの?」
「いや。解ったゾ!冷房の水が迫って来てて、怒っとるんや!」
「クーラーつけてるの?」
「当たり前やがな。。もう今日は暑くてかなわんもん。」
「駄目、駄目、駄目、駄目だよ。早く冷房消しなよ!外行きなよ。外、会社。会社は涼しいよ。ポッポちゃんの卵が濡れたらどうしてくれるの?」
「ちょっと位、大丈夫やろ。。。この間だって雨降ったし、まあ雨降っても濡れながら温めてたケドな。こいつは大した奴や。。。」
「もうクーラー禁止だよ。お金かかるよ。環境に悪いよ。ポッポに迷惑だよ。」
「迷惑なのは、こっちの方や。まっ、まだポッポのトコまで到達してないケドな。。。。そろそろ出かけるとするか。。。じゃあね。」
「うん、早く出かけなさい。どっかに。。。パチンコに。。。」

⑯ ポッポ、鳩が豆鉄砲くらったような顔。。。ちと、やつれ気味??

b0090823_15243597.jpg









←迫り来る冷房の水に赤目をむき出すポッポ。
[PR]
by holly-short | 2007-09-21 15:25 | ポッポと紋次郎

頑張る?木枯らし紋次郎〜の巻。

お昼時、ランチにおにぎりなど頬張っていると、、、、

Kからの電話。

「こちら、ハ・ト・ヤに決めた!のハトヤホテルです。」
「、、、、、、、、」
「おい、今なにしてると思う?」
「なーんだ。仕事じゃないの??」
「いや、それがだな、ぽっぽちゃんが気になって家に帰って来たんや。もう卵が孵ってるんとちゃうかって悪い予感がして、、、、。なんと言っても昼間はなかなか良いシャッターチャンスが豊富だからな。。。。。」
「なんか、だんだん動物カメラマンみたいになってきたね。アッテンボローみたいやねー。」
「せやろー。」
「うん。うん。写真もどんどんウマくなってるし、いい感じなんだけどさー、仕事どうしたの?」
「仕事?仕事中や!多忙極まるスケジュールの隙間を縫ってだな、わざわざ来たんやないか。ホンマはこんなことしてる場合やないんやケド、、、、時期が時期だけにな、、、うん。うん。」
「しかしさー、もう一週間半位だから今週はいつ産まれてもおかしくないよね。」
「うんにゃ。でもまだみたいやね。しかも、ポッポちゃんは不在で、紋次郎が卵温めとる。昼間はオスが温めるってのは本当だな。もう近頃、パッとみたらどっちが紋次郎でどっちがポッポちゃんか、すぐ見分けがつくようになったぞ。」
「おお!まるで鳩博士だね。」
「せやろー。紋次郎は目の回りに白い輪っかがあるんやけど、それでなくとも全体的にボッサリしていて、毛並みも悪く、顔も不細工で薄汚ねーもんな。。ポッポちゃんは顔が丸っこくて、毛並みも良くて、いわゆる鳩美人って奴だな。紋次郎は完全にポッポちゃんの尻に引かれとる。。。。」
「あはは、美女と野獣コンビなんだ。」
「しかし、紋次郎はあれだな。。いい加減だから卵がはみ出とるゾ。きっとポッポちゃんに言われて無理矢理やっとるんやな。「メンドクセーナー」つー顔しとるもん。」

⑨はみでる卵。              ⑩「はみでとる?」by紋次郎        ⑪「でや?」by紋次郎
b0090823_23213597.jpgb0090823_23214839.jpgb0090823_2322168.jpg


「あ!卵から離れた。。。あ!行ってしもた。。。。卵をほって、、、、あ!戻って来た!!しきりなおしか?おう!ちゃんと卵2つあるゾ!やっぱりまだ産まれとらんみたいやねー。」

⑫2 eggs               ⑬ポッポに怒られるので仕切り直し!  ⑭哀愁漂う苦労人!男紋次郎の背中。。。
b0090823_23221379.jpgb0090823_23223045.jpgb0090823_23224274.jpg


⑭セット完了!でや?
b0090823_23225824.jpg


「しかし、一個だけ気になる事があるんやけど、、、」
「なに?」
「なんか、隣の人がダンボールを引いとるんやけど、どういうことやろか?」
「え?鳩が来れないように仕切ってるってこと?」
「いや、なんか下にただ敷いてるだけやけど、、、。鳩のフンが付かないようにだとは思うケド、、この間まではこんなものなかった。鳩の存在に気づいたんちゃうやろか。。。なにせ、ポーポーポーポー毎日ウルセーからな。。。。」
「まあ、でも管理人に文句言われてないんだから、今のとこ大丈夫じゃない?」
「明日にでも追い出されるかもしれへん。ポッポちゃんと紋次郎と2つの卵と一緒に。。。。どこに行けばいいんやろか。。。オマエに送ってやろうか?」
「駄目だよ。死んじゃうよ。産まれちゃうよ。きっと隣の人もいつポッポちゃんや産まれてくる雛が遊びに来てもいいようにダンボールを敷いて準備してるんじゃないの?今後に備えて、、、、」
「せやろか、、、、?」
「そうだよ。とりあえず鳩サブレーでも持ってた方がいいじゃない。。」
「銘菓ひよこ?じゃ駄目やろか??」
「ひよこ?、、、でも、いいかもね。鳩も生まれたては黄色くてひよこソックリらしいし。。。」
「うーむ。ひよこの菓子折りと一緒にポッポちゃんごと隣の家のダンボールの上に移動させとくか。。。。。」
「ビックリするだろうね。突然そんなの現れたら。。。もっとも犯人はバレバレだと思うケド。。。」
「こっちだってもう十分ビックリしている。ビックリを通り越してはっきり言って迷惑や!、、鳥はもうこりごり。鳥インフルエンザになりそー。」
「でもいなくなったら、寂しくなるよー。きっとポッポちゃんが恋しくなるよー。」
「そんなことない。早く自由で静かな暮らしに戻りたい。」
「ハトヤホテルは、これからがクライマックスなのに、、、、、」
「、、、、、、、、」

⑮怪しいダンボール。隣人の胸中は、、、、、、
b0090823_23231946.jpg
[PR]
by holly-short | 2007-09-19 23:25 | ポッポと紋次郎

ちょっとしたことが、、,

以前新しいアパートのキッチンの水道の水が異常な程、それこそ欠陥住宅を疑わせる程(と、いっても築15年の借家なんだけど、、、)跳ねるってことを書いたのですが、私は蛇口のポールが長過ぎて、蛇口とシンクの淵が近すぎることに原因があるんだと思っていた。しかし、実はそんな所には問題はなく、単に蛇口の先端にはめるべきリングが無かったってことが跳ねの原因だと先日判明した。それこそ指輪大のステンレス製の小さなリングをネジ式でくるくるくるっと蛇口先端にはめこんだら、全く水が跳ねなくなりました!それは、まるで魔法のように、、、、それまでは食器を洗う度に、腹がどしゃ降り状態で、冷えるわ、着替えは必要だわ、エプロン無しでは対応しきぬ位、水が跳ねてどうしようもなかった。しかも通常のエプロンでは対応出来ず、タオル地のエプロンを二枚重ねにして使用。。。大昔にもらったフェイラーの花柄ブリブリエプロンが初めて役に立った!!しかしリングを先端に装着した今では水を全開にしても安定したまとまりのよい水の流れがシンクの底に沈むように流れていく。当たり前のことが、当たり前にちゃんとしているってとっても重要なんですね。本来はまっているべきものが、はまっていなかった訳で、大家に文句でも言いたいとこだけど、ご老人だし、言うとなるとなんだか面倒。。。キッチンの手元ライトも電球換えたのにつかないんだよね〜。。。。リングが外れている!という事態は、義理のお兄ちゃん(弟?)が教えてくれた。ありがとー。ちなみにリングは駝鳥が職場からパクってきた。(使用していないものを、、、本当か?)きっと前の人が浄水器かなんかを付けていて、引越時に取り外し、外したリングはどっかいっちゃった!みたいな話かもしれません。予測だけどありがちな話。。。。しかし、このリング一体全体どういう仕組になってるんだろー。。。不思議。。。

ちょっとしたこと、そのちょっとしたことが意外とものスゴーク重要なんだよねー。

b0090823_2394224.jpgで、全然関係ないけど、今朝家のベランダ付近で猫を発見。ワタシの大好きな黒猫ちゃん。ピンクの首輪がオシャレな飼猫のご様子。人には慣れてる感じだったケド、近づくと逃げちゃいそうな感じだったので、遠くから眺めてみました。鰹節をベランダに盛ってみるも無反応。忘れた事に見てみたら全部キレーに無くなっていたので、食べたのかな?明日から鰹節作戦で手なづけるか。。。。。
[PR]
by holly-short | 2007-09-18 23:09 | diary

「お題小説」、、、、

今回、正直メチャクチャ微妙です。
テーマからもなんだか外れちゃってるし、  テーマ → 「外仕事の兄ちゃん、鳶職っぽいニュアンス」
全体的にうまく書けませんでした!
はじめっから、どんな話にするかっていう軸がなかったんで、(結局浮かばなくて、、、)
だらだら書いていたらなんだか締まりの悪いお話が書けちゃいました。
全然自信なく、期日が来たのでupしちゃいます。
あーなんだかこれを読んで頂くのも気が引けるなああ。。。と思いながら、、、
読みやすいったら、読みやすいと思うのですが、、、、、、、どうだろう。。。。
ああーなんか嫌だなー。まーしょうがないか。。。。弁解が多すぎますが、、、、
批評は多いに受け入れます!どーんと来い。

とりあえず期日通りのupつーことで、、、、、、。

「お題小説」
[PR]
by holly-short | 2007-09-15 23:38 | 「お題小説」