ワタシとゴルフと母上と、、、、

b0090823_22181418.jpgbodyscapes


ってことで、雪降る中プールに行ってきました。久しぶりに泳いで気持ちよかった。近頃ゴルフばかりやってたので、水の中を漂う感覚が妙に新鮮だった。と、いってもすぐに慣れ、すぐに飽きちゃったワタシ。ゴルフ練習は何時間やっても飽きないので、やはりワタシはゴルフが好きなんだと思ふ。多分。考えてみたら、ワタシはゴルフするのにとっても適した環境に育ったつーのもあるのかもしんない。と言っても日本的なお金のかかるゴルフではなく、結構かなりカジュアルにゴルフが身近だったのだ。ゴルフは、高校生の頃にアメリカ(超田舎)にて週末暇だったからはじめたのだけど、何故はじめたのかと言えば、母上がゴルフを放棄したから。せっかくアメリカ行ったからゴルフでもやるか!と奮起して日本からゴルフクラブを買っていった母上は、ゴルフやること約一年、それなりに自分はいっぱしだったと(今現在でもなお!)豪語してましたが、、、、一度「お母さんのゴルフを見せたげるっっ!」と意気揚々と仰るので妹とワタシと父上と夕方のゴルフクラブに行ったことがあるんだけど、、、、忘れもしません。なんせゴルフボールが後方に飛んで来たのですからっ!!前でも横でも上でもなく、後ろによっっ。さすがのワタシ達姉妹もビビリましたね。空振りして、空振りしたヘッドをそのまま後ろに返してくるもんだから、後ろにボールをナイスヒット?みたいな。。。まあ、ある意味スゴイけど、、、ギャグだよ。一体全体ワタシ達どこに立ってればいいんだ?と身の危険を感じ、「おい、球が何処に飛んでくるか分からんぞ!とにかく危険だから離れてろっっっ!」なんてー父上の指示もあり、遠く離れて2人ともビビリ腰に半ば命がけて眺めてみましたが、いくら眺めても、どっからどう見ても、いまいちゴルフになってなかったような、、、当時ゴルフを知らなかったワタシですら、そんな風に感じたのでしたっ。ワタシ14歳。挙げ句の果てに「あーお母さん今日調子悪〜い。オカシイイイイ。いつもは、こんなんじゃないのに〜。どうして〜。なんで〜。どんだけ〜?ピーチクパーチク。。。。」なんてー言い訳ばかり連発するもんだから、見てる方もウンザリ。しかも打つまでの時間がやけに長くて、目標とボールを指で指し示して何度も何度も宙に線を引くのっ。(今でこそ、そんなもんパッと見りゃあ解るだろう?と言いたい。)その様子があまりにも真剣でオカシク、その後何度もその様子を過剰に真似た芸が家庭内で流行った次第でありました。。。そんなこんなで、母上はいつの間にやらゴルフを放棄。母上的には、ゴルフをやって残ったのは染みだけだった。らしい。辞めた理由?は→日焼けと染みによる美肌&美貌?崩壊への危機感から。。。だけどワタシはけっこう上手かった!。。。だと。そんな感じで放置されたゴルフクラブとゴルフバックがワタシに巡り廻ってきたのでありました。めでたし、めでたし。

なんて、こんなくだらない、どーでもいい話を書いてたらやけに長くなっちゃった。。。今日はマイ本棚、図書館にてパトリック・ジュースキントの「香水」を借りてきたので今からじっくり読もーっと。もう出だしから、引込まれる。楽しみ。当分仕事もなさそうだし、ゴルフ練習も特に集中してする必要もなくなったし、またしばらく時間が出来そうな今宵。いいんだか、悪いんだか。駝鳥がバレンタインの試作品として作った四種類のトリュフ。ラブベリー、キルシュワッサー、柚子、ミルクティー、それぞれのガナッシュ入りのトリュフを頂きながら、、、

(朝から頂き過ぎで、鼻血出そう。。。)
[PR]
# by holly-short | 2008-02-03 22:20 | diary

Why not golf?

b0090823_157691.jpg bodyscapes









←このサイト、ある意味ギリギリ、、、
 でもカワイイ。


せっかく拍車がついてきたかと思われた?ブログ書きも、ほんの一瞬の発火にて消滅。。。ほんとワタシって飽きっぽいというか、続かないというか、とにかく安定性に欠けるのだな。日日ブログを書き続けている人、スゴイわ。しかもその内容が充実していたりするもんだからマジで感服っ。「継続は力なり」って言葉はあまり好きじゃないケド(なんとなくあまりにも生真面目なその感じがさ)しかし結局、詰まるトコ、何をするでもそれに勝るもの無し!なのだよね。それらを淡々粛々と実行されている彼ら(who?)に嫉妬にも似たような羨望の気持ちすら抱いている今日日のワタシです。で、ここ数週間たいして仕事もないのに何をしていたかといえば、ゴルフです。久しぶりにどっぷりゴルフ練習してみました。何故かと言えば、今働いているゴルフ場で社内コンペがあったので、張り切ってそれに参加しようと思い立ち、練習してたのですが、結局今日の雪で、急遽コンペから雪かき(時給にてゴルフ場の雪掻き)へ変更となりましたっ!ああああーせっかく練習したのにー。まあコンペ以外にもゴルフする機会あるからいいのですが、今回はいつも嫌味タラタラのキャディババア連中(勿論いい人も大勢いまっす!)をギャフンと言わせてやるゾオオオオオ〜と一念発起して練習したのになあ。。。ホント残念!って練習して良い結果が出るか出ないかはプレーしてみなくちゃ解らないんだケド。。。なんせ今回はゴルフ場を知り尽くしているので、そういう意味でもプレーを楽しみにしていたのです。あと他の利点としては、レディースからのプレーという点。今までレギュラーからしかプレーしたことないので、短い分多少有利に?なんて思う気持ちもありつつ、短いからっていいスコアが出るとも限らんのがゴルフ。。。しかし二打目ウッド使ってたのが、アイアンとなれば成功率が上がるのは必須であるからして、だいぶ楽になるような気がするんだけど、そこんとこどうなんだろ。同じアイアンにしたって7番アイアンでグリーンを狙うのとピッチングでグリーンを狙うのでは、Pの方が断然楽だしブレにくい筈だ。(よね?)以前も九州にいた頃、働いてた会社のコンペに出てたりしたので、ゴルフ自体はそこそこ練習したことあるんだけど、今回は以前の練習での経験も生かしつつ、スコアをあげるという一点にフォーカスして練習に取り組んでみました。そんなこんなでゴルフ練習についても、ブログに書き綴りたかったんだケド、、、そんな余裕もなく今日まで過ごし、明日がコンペという日になって雪、雪、雪の為、ゴルフ場は休場という寂しい結末に。ついでに今日の仕事もなくなった訳で、今後も雪が降るとゴルフ場は当分使い物にならないと思われる。ただゴルフもブログもなんとなく続けてるってことでワタシの人生が多少なりとも豊かになっていることは事実のような気がします。なんでも辞めることなく、ゆるゆるとでも続けてると、思わぬところでそこから広がる世界もあるかもしれない。と、いう点において。ってことで遅ればせながら、しばらくはゴルフについて書き綴ってみるかな。練習記録のメモとしても、次回に生きればいいのだけど、、、、。
あー外は雪。休日とはいえ仕事もないし、でも食欲はけして落ちることなく、喰っちゃあかろうじて寝てはいないケド、コタツムリ状態から脱出出来ずっ。。。さーて、これから我が家?の温水プールで一時間程泳いでくるかニャーン。
[PR]
# by holly-short | 2008-02-03 15:08 | diary

甘酒でセンチメンタル

b0090823_2053237.jpgDavid Ho


寒い、寒い、寒ーい。本日零下1℃の寒風吹きさらす中、かろうじでキャディ業務をやってまいりました。こんな寒い日にゴルフ?なんてそんな物好きがいるからワタシも仕事にありつけるんだけど、あまりの寒さに『なんか、もう当分働けなくてもいいやあ。』なんて思いまひた。つーか本当に仕事ないの、寒すぎて。いわゆるオフシーズン。これぞ正に季節労働者の宿命。安定とは無縁なのだっ!と、いってもこうやってブログ書いたり(突然のブログ熱に犯され中〜)他にもやりたいこと(つーか、やらねばならぬこと)も沢山あるので暫しの休憩は、本音半分プラス思考半分ちょっと嬉しかったりもする。。。もちろん稼がねばっ!と、はやる気持ちがないと言えば嘘になるけど、ないもんはないんだからしかたあるめい。つーか、むしろラッキー?なんて思ってみたりする自分もいたりなんかして、、、、。よー解らん。
そんなこんなで本日半ば震えながらのお仕事、客も手がかじかんじゃうわ、身体廻らないわで、ちょっと辛いゴルフでありました。一瞬、白いもの、雪らしきものもちらつきましたっ。。。いつもみたいに茶店の外で、しばし休憩中の客を待っていたら、何を思ったかワタシに甘酒を買ってきてくれた。紙カップに入った茶店特製甘酒を、、、、。「ええええー。お酒??いや〜。いくらなんでもお酒はマズイですよ。酔っぱらっちゃいますよ。怒られますよ。クビになりますよ〜。」と断るも、「いいから、いいから、寒いから飲みなさい。温かいよ。温まるよ。ここのはけっこう旨いから。怒られたらお客に無理矢理飲まされたと言えば大丈夫だから。」(大丈夫なのか?)などと言い、ポカポカと湯気立つカップ甘酒をワタシの手に持たす。甘くねっとりとしたような酒の匂いがプーンと香る。その前に「キャディさんお酒飲める人?」と聞かれ、「はい、飲めますよん。」とは答えたけど、業務中に酒を奢ってくれるとは思わなかったゼイ。(缶ビールとか小瓶の日本酒とかを茶店で買って持たせてくれる人はたまにいるけど、今回のは紙カップに入っているわけで、しかもコーヒーやジュースとかでなく一応お酒。。。。)しばし甘酒片手にフリーズしたものの「じゃっ、いっただきまーす。」と飲んだその甘酒は今まで飲んだどの甘酒よりも美味しかった。もちろんメチャクチャ寒かったっつーシチュエーションもあるんだろうけど、やはり手作りのものは美味しい。こういうのってお米を炊くのとかと一緒で、多分大量に作った方が美味しく出来るに違いあるまい。ちょっと米っぽくて、おかゆみたいに米粒がとろとろ〜と、上澄みはさらさら〜と、二層が程よくあいまって甘さもアルコール分も至極控えめな上品な仕上がり。美味しい半分、早く飲まねばっっっ!!!半分つーか大半で、一気に飲んだら口の中が焼け、ベロベロベロンチョに。。。。随分酒臭い感じがするわりには、まるでアルコール分を感じなかったケド、甘酒って、もしかしてノンアルコホール?とはいえ、まったりしっとり、身も心も温まる甘酒の美味しさに何だか妙に心地よーくセンチメンタルな気分に浸ったワタシは、ちょっち酔っぱらってたのか?ってことで、また甘酒飲みたーい。とは言っても、甘酒買ってくれるお客さんなんてそうそういそうもないし、そもそも仕事自体がない訳で、酒屋で甘酒物色してみるかニャ?でも、きっとこういうのってたま〜に、しかも寒風吹きさらす中なんかで、飲むから美味しいんだろーね。寒っっっっ。やっぱ甘酒買いに行ってこよーとっ。
[PR]
# by holly-short | 2008-01-16 20:53 | diary

love tenpos

b0090823_2025154.jpg突然怒濤の更新を連日してるのは、何気にここ数日間キャディの仕事がないから。天気不調の為、予約があまり入らない。昨日は雨。今朝は出勤しようかな?と思ったら雪が降ってきたので電話して休んだ。こういう日は客からもキャンセルが入るのでアルバイトは休んでくれた方がゴルフ場としても都合がいいのです。バイト先のゴルフ場のメンバーの方々は本当にお年寄りが多くて、それこそ大正会なるグループもあるくらいで(もちろん大正生まれの会。あ!明治生まれも1人いますから!明治会つーのも以前はあったんだけど、会員不足となり、仕方なく大正会に吸収されたとか。ゴルフ出来てるってだけでも奇跡的だ。。。)そんな感じだから、こんな日にゴルフなんかしたらホント死んじゃう。マジで皆様ちょっとした風邪が命取りなるようなご高齢なんで、、、。「○○さん、最近見ないのお」「あー、あの人こないだ死んだぞ」なんて会話は日常茶飯事(←言い過ぎ)ですから。もちろん若い人もいるケド、比率的には少数派。しかし、マジで寒いっ。いつも野外で働いてるなんて信じられんとばかりにコタツムリから抜け出すことが出来ません。しかしコタツムリ♪文章を綴るには最適な生態ですね。ずっと書いてなかったから何気にネタも豊富だったりして、次々とろくでもないことばかり書き綴っちゃう。なんでも久方ぶりの熱中は、新鮮で楽しかったりするもんっす。といっても、これもほんの一過性のもんなんだろーけど。

で、本題はショッピングについてなんですが、最近お気に入りの穴場がtenpos。何店舗もあるみたいなんだけど、ワタシはこの間実家の近くのtenposに妹と駝鳥とふらっと立ち寄って、大量に色んなものを買ってみました。この店というか、倉庫みたいな殺伐としたとこなんだけど、中古の店舗用の備品を大量に扱っているお店。たぶん潰れたり閉店したお店や施設の備品なんでしょーが業務用のキッチン設備や業務用の食器カトラリー等等がだだっ広い三階建ての倉庫にギッシリ詰め込まれていまっす。店内は、あまり一般客を見込んでなさそうな雑然とした雰囲気で、その日いたのは中国人の太った男性2名のみ。2人は人間1人入りそうな巨大な鍋と業務用のコンロを物色していた。(ラーメン屋でも始めるのか?)(駝鳥は巨大パン焼きオーブンを発見し目を輝かせていた、、、パン屋でも開く気か?)業務用のシンプルで機能的なデザインや佇まいが大好きなワタシは、ほしいものが一杯で嬉々として店内を物色してみましたっ♪。探せば探す程いろんなものがあって、マジでどれを買おうか迷いに迷いますたよ。といってもビックリする程安いので、迷ったら買え!を合い言葉に、大量買い。商品の回転も速いらしいし。それこそお得感はウニクロよりも上々。もちろん超中古だから、古いんだけど(中古嫌いにはNGです)業務用だから作りはしっかりしている。それに、もうすでに時を経て、ある程度汚れたり変色したりし尽くして、ある種物としての最終形に到達してしまっている分、アンティークのような安定感と佇まいがある。いや〜ここのガラクタ!じゃなくて商品、吟味してちょっと今っぽいレトロなアンティークショップにでもうやうやしく並べたら、その十倍程で売れるんじゃないか?なんて〜思うような品々も沢山あったよ。ワタシ的には、、、。そんなこんなでお皿やら、お鍋やら、カトラリーやら一人で持ちきれない程買いまくって帰ってきました。(駝鳥もシェルクルだとか、コルネの円錐型の型とか一個50円で幾つも買っていた)それでも最終的に負けてもらって計1万円以下だった。お店の人もウチは、銀メッキのものが一番お買い得だよ!と言ってたので、銀メッキの食器(一枚400円)、ケーキ台(ちょっと高くて1200円)、水差しなどもお買い上げ。たぶんどこかのホテルで使われていたもの。とても古いけど、形はいたってシンプルで、値段とは裏腹に渋い高級感が漂いまくってる。(なんてー思うのはワタシだけ?)実際使ってみても使い勝手はいいし去年のクリスマスディナーなんてまるで、ロシア貴族の食卓か?って感じだったもん。卓上だけだけど、、、。食器もゴージャスだったんだけど、バターライスと栗をお腹に詰め込んだチキン、カリフラワーのポタージュスープ、ラズベリークリームの入ったロールケーキもとても美味でした。随分古いネタだけど、、、。こんな格安で貴族気分が味わえるなんて、これもtenposのお陰です。これ以外にも和風な鉄のお鍋や野菜や肉なんかを乗っけるステンレス製の編んだ網なんかもあって、日日愛用中〜。あーまたtenposに行きたーい。目下、問題はもうこれ以上食器やらなにやら置く場所がないってこと。それこそ業務用の棚や作業机なんかもほしいなあ〜なんて思ってるんだけど、いかんせんスペースがねえ。。。。貧乏貴族は辛いわ〜。
b0090823_2031689.jpgb0090823_2033693.jpgb0090823_2035268.jpgb0090823_2041666.jpg
[PR]
# by holly-short | 2008-01-14 20:05

脱毛に脱帽!それにまつわるエトセトラ。

b0090823_117780.jpgMAKEOVER MADNESS
by Steven Meisel
for VOGUE ITALIA



先日ようやく2回目の脱毛に行ってまいりました。もうすっかり慣れたもんで、行って洋服脱いで変テコなワンピースに着替え仰向けになって寝て、言われるがままに手足を差し出したり、脇をあげたり、毛を剃られたり、冷やされて冷たいジェルを塗られたり、で脱毛箇所に光を次々にあてて終了。約1時間半のコース。長いっちゃー長いけど、ボンヤリしていると「あれ?もう終わり?ホントにちゃんと脱毛してくれたの?」って感じでもある。本日は店長自らやってもらったんだけど、さすが店長だけあって終始サービストーク炸裂で何かと色々話しかけてくる!そのうち、ちょっと営業色が濃くなってみたり、ワタシの無反応に応じて薄めてみたり、押したり引いたりの繰り返し。例えば「足は膝下の脱毛だけとなってますけど、脱毛後は上の部分の毛がとおおっても気になってくると思いますよ〜」「腕もしかりで、肘から上の毛って薄いけど結構おおお目立つんですよね。自己処理ではなかなか手の届かない部分もありますし、なんといっても剃刀や除毛剤なんかは肌にとおおっても悪いですからねえ〜」「顔なんかの脱毛には興味ないですか?顔は冬限定なんですよ。夏は日焼けしちゃいますからね、脱毛は出来ないんです。今だけの期間限定〜。口まわりとか、特に人気ですよ。産毛があると化粧のりがやっぱり悪いでしょ。かと言って剃るのはお肌にすっごおおおおおく負担がかかるんです。光脱毛後は、毛穴も引き締まって肌もとおおおおっても綺麗になったとすごく評判いいんですよ。」「水泳されるんですか?なら背中の脱毛とか、どうですか?自分では見えない部分でも、やっぱり気になるのが女性じゃないですかああ?」「いつかやるんなら、早く一度にやってしまった方が楽ですよ〜皆さんもっと早くやっとけばよかったって言われますよ。」、、、、、、、、、、、、、、なんて終始こんな感じで、なんか質問して、例えば「スポーツされるんですか?」とか、それにちょっと答えると(まっ、普通答えるよね)それをネタに脱毛営業が次々と繰り出される訳。ワタシなんかは、美容師でも出来るだけ喋らない寡黙な人が楽でいいって思うタイプの人間なもんで、心の中では「そりゃあいいだろうよ。出来る事なら全身脱毛したいくらいだ。全身、毛なし人間万歳!勿論タダならね!」なーんて感じにちょっとウンザリモードだった。いや、しかし彼女には口が裂けても積極的には言わないケド(だって言えば次々勧めてくるんだもん)脱毛、本当にいいれす。お勧めれす。まだ二回目だけど毛の量は激減。それに残った毛も細く薄くなって処理しなくてもあまり目立たない。お風呂は、処理しないでいい分楽チンだし、剃刀あてなくてもいいって、肌にはすごく優しい。時間的にも気分的にも余裕が出来た分、ちゃんとボディーローションなんかも塗っちゃったりするもんだから(ま、これもはじめのうちだけだとは思うケド、、、)諸々の相乗効果で肌もすごく綺麗になってくる訳れす。(そう。店長の言う事はマジでごもっともなのだ。なのだケレども、、、、)一昔前に比べれば随分格安になった脱毛だけど、それでもあっちこっちするとなると十数万円はかかる。ちなみに全身脱毛は、五十万円なり〜。これを高いとみるか、安いとみるかは、その人次第?もちろん五十万という金額だけみればスゴイ高いんだけど、昔は両脇だけでも三十万とか当たり前だったりした世界もあった訳で、、、、、、。しかし、その効果は解っていても、なかなか隅々までする気にはなれず、とりあえず目立つ所だけ処理中のワタシであります。だって、ほら!脱毛なんかよりも今はとにもかくも洗濯機!!!でしょ。ねえ、ヨーノ君。脱毛のめくるめく魅力と店長の甘〜い?誘惑なんかに負けず、ワタシのお財布における対価の優先順位とその価値をしっかり見極めていかないと、これからの世の中、生きてかれません。最も駝鳥的には脱毛そのものが多大なる無駄らしく、思いっきり馬鹿にされていまっす。乙女心が解らない奴なんです。と、いうよりも脱毛よりも育毛に価値を見い出してるのかも?という思いに至り「いつの日か近い将来に(←嫌味)オマエが禿げてもアデランスに行く金はねーからな!」と言い返してやりました!
まったく何するんでもお金のかかる世の中だ。やんなっちゃう。
[PR]
# by holly-short | 2008-01-13 11:07 | diary

 家電の危機!

 b0090823_8295347.jpgNORBERT SCHWONTKOWSKI


前回、我が家の我が家なりの「食」に関する情熱について熱く語ってみましたが、今回は逆に全く力を入れていない部分、いわゆる我が家のヤバイ部分について書いてみることにする。それは、なんといっても家電だ。近頃、ウチの家電がかなり悲劇的なことになっているので、、、近頃つーか、ずっと前からかもしれないケド、、、。もともと家電については何でもいい派だった我が家では「安い!」を基準に選んでいるので、元の元からろくなものがない。唯一、自慢出来るのは電子レンジくらいで、二年前くらいに駝鳥がパンとお菓子を焼くために清水の舞台から飛び降りるつもりで購入したちょっと高級な奴です。この電子レンジ、現在毎日フル回転で稼働中〜これ本当に買ってよかった。家電代表選手のテレビなんかは、すっごい安い厚型テレビを結婚した当時(実に8年程前)に買ったんだけど、なんか裏にうっすら違うチャンネルが見えるような気がするのはワタシの気のせいですか?もちろん地上波デジタル対応の訳もなく(アタリメーだ)2011年になったらもう使えなくなるの?しかし、ワタシは殆どと言うか、全然テレビ見ないのでこれは関係なしっと。ビデオは8年前に友人が8年程使っていた超中古を今だ愛用中〜。一度数年前にぶっ壊れたケド、適当にガチャガチャやっていたら何となく治ったり、また壊れたりを繰り返す気まぐれな奴です。しかし、近頃のレンタルビデの主流はビデオでなくDVDなんですよねん。でもDVDプレーヤーは勿論もっていません。DVD見る時はコンピューターで再生し、それをテレビに繋げて見ている。とりあえず今んとこ、それで十分なんだけど、面倒だし、稀に見れないものもあったり、見てる時はワタシのコンピューターが使用不可になるので、DVD専用のプレーヤーが別途ほしいなああっと(maicoううう〜!!)←妹の家にて、現在DVDプレーヤー買い換え提案中らしく、声高にほしいと叫んでみました。。。電話はこっちに引っ越してきて、すぐに壊れ、別に電話出来なくてもいいやー(←殆ど電話かかってこないし、、、)と、そのままにしておいたのだけど家族からの顰蹙を受け、見かねた妹が駝鳥の誕生日にプレゼントしてくれた。。。(ありがとmaico。で今後もヨロピクね。えへ。)掃除機は、駝鳥が独身時代から使っていた超古いものが福岡でぶっ壊れ(壊す女ワタクシの乱暴な扱いにより)で、ずっと壊れたら買おうと憧れていたダイソンの掃除機はいざとなったら買いきれず(いわゆる清水の舞台から飛び降りきれなかったっ、、)繋ぎとして(?)量販店で5千円の安くて古い型の掃除機を買ってきて、とりあえずお茶を濁してる現在。で、問題はっ!!とここでようやく本題に入るのですが(遅っ)目下、我が家で最も危機的状態にある家電は何を隠そう!洗濯機です。もうマジで壊れる寸前というか、もうすでに壊れているというか、現在、無理無茶を通り越すようなギリギリの状態でどーにか稼働しているっ。つーか一応洗濯出来てる。。。ワタシ電気製品に全然詳しくないから細かいことはよく解らないんだけど、ウチの洗濯機、上層部分と下のドラムの部分が割れて分離しちゃってる。だから、まず脱水でドラムが廻りはじめると思いっきり周囲の本体にブチ当たるわけです。それがスゴイ騒音と勢いで、上から体重をかけて押さえつけていないと洗濯機が勝手に前進してくんの。ズンッ、ズンッ、ズンッ、と。それで一度ホースが外れて水浸しに(まさに大惨事!)その騒音も半端じゃなく(はっきり言って近所迷惑。。。)ちょっと傾けると音が軽減されるから手前下にタウンページ2冊とタオルを巻いたものを挟んだりしてみてるんだけど、その加減を誤ると水漏れしたり、余計ドラムがぶつかって狂ったように洗濯機が踊りだしたり(その狂いっぷりったらない)そんな感じにもう手の施しようもない位の!暴君!と化している我が家の洗濯機なのです。最近、見ないようにはしてるんだけど、洗濯機の下からなにか変な部品が1つ2つ飛び出てきていたり(これ洗濯機の内臓?)通常、安全装置みたいなものが稼働して蓋を開けるとドラムの回転が止まるようになっていた筈なんだケド、開けてもフル回転でスゲー勢いで回転しっぱなし。。。。(最後の馬鹿力か?)一応アースはかろうじて繋がっているんだケド、はっきり言ってこの状態危ないよね。。。。
「はやく買いなよ、もうどうせ壊れるのは時間の問題でしょ。どうせいつかは、近い将来に買わなくちゃいけないんだから早く買った方がいいって思わないの?」とウチの母上。うん、うん、正論だね。
「バッカじゃないの!そんなセコく暮らしてないで、洗濯機くらい買いなよ」
とウチの妹。(洗濯機買い換えの予定はありませんか?、、、)
そう。解っているんだケド、なんかかろうじて洗濯出来てしまっているから、なんか買う気が起こらないんだよね。まっいざとなったら(人はもういざとなっていると言ふけれど、、、)ネットで買い換えるもーん。近くにコインランドリーあるし〜。なんて思っているワタクシでもあります。

余談だけど、キャディのロッカールームには、シャワー室(誰も使っているのは見たことない)ドライルーム(八畳程の大きな部屋)そして洗濯場があります。洗濯機は4台、今時見ない二層式。仕事が終わるとそこで皆次々と洗濯するのです。さすがのワタシも二層式の洗濯機なんて使ったことなくて、はじめ戸惑っていたら、「あんた?洗濯機の使い方も解らねーのかよ?」とババア(先輩キャディ)に呆れられたので、「ワタシ、二層式の洗濯機なんて使ったことも見た事もありませんから!」と強気で言い返してやりましたわ。熱湯で洗う、洗剤を洗い流す前に1度脱水にかける、それが味噌ですね。労働後、洗剤の香りたつ湯気漂う洗濯場でババアに嫌味の1つや2つ言われながらも、黙々と洗濯している自分って、まるで肉体労働者の極みだわ〜千と千尋の神隠しみたい、、、。なんて面白オカシク感じていたのは最初の頃だけで、近頃はただただ面倒なだけ。家の洗濯は面倒を通りこして憂鬱。早く洗濯機買った方がいいのは解っているんだけど、使えるうちはねー。って使える!と言い切れるのか?どうかはちょっと微妙なとこだけど。あー現在洗濯機に溜まった3日分の洗濯物、どーにかしなければ、、、、、
[PR]
# by holly-short | 2008-01-12 08:32 | diary

柚子の香りにつつまれて、、、

b0090823_22432942.jpgお金や労力の使い方、時間のかけかたって人によって様々だ。当たり前だけど。もちろんそこに正解はない。各々それぞれのライフスタイルにあった配分をおのずと、なりゆきで、時に積極的に選んでいるのだと思われる。たぶん。
我が家においてはどうだろうか?
とにかくウチでは何を差し置いても『食』を中心にすべてが廻っている。過剰なくらいに日日『食べる』にまつわるモロモロに奮闘している。自慢でもアピールでもグルメぶってる :-P 訳でもなく、ただ純粋に『食べる』に一生懸命な日日。そして何といってもワタシは食べることが人一倍得意なのだな。(←それってただ食いしん坊なだけだけど、、、:-D。?)とはいっても高級レストランに外食に行くとか、高級総菜をご購入するとか、(←ちょっぴり憧れるっ!)そんなことは滅多になく、とにかく作るに力を注いでいる。気づけば駝鳥もいっぱしの料理人に急成長を遂げ、あっさり何喰わぬ顔でワタシを追い抜き、まるでコックさながらの佇まいで日日台所で奮闘している今日この頃。。。一昨日は、大量にお婆ちゃんの家より送られてきた柚子を柚子ジャムにするべく作業に2人で黙々と取りかかっとりました。(ワタシは、いわゆる〜、、、下僕つーか、アシスタントであります。はい。)年末年始にかけて、柚子ジャム作りはこれで3回目〜。今まではたわわに実る大量の柚子をお婆ちゃん使い切れず、大量に処分していたとか。勿体ない。ウチで「ほしい」と声高に名乗りをあげて、大量に送ってくれましたっ。2度も3度も!!お婆ちゃんありがとー。でも、もうこれ以上はいいかも。。。つーか無理かも。。。
柚子ジャム。作業行程は→ 柚子を洗う。柚子の中身を取り出し、ガーゼで僅かなジュースを絞る。中身を煮詰めてペクチンを摘出させ、更にガーゼで絞る。皮から白い綿を完璧にナイフで取り除く。(←駝鳥いわくこれがポイントらしい、、、)3回煮こぼす。茹で上がった皮を細かく千切り。すべてを合わせ大量の砂糖と一緒に煮詰めていく。半分位に煮詰まりとろとろっとジャム状になったら完成。
こうやって書くと単純作業なんだけど実際にやってみるとその柚子の量の多さに辟易〜。やってもやっても柚子が減らん。指先の傷に柑橘系がしみるうう。包丁を握る手が痺れるうう、強張るうう。肩もこるうう。それでもノンストップで3時間くらい、柚子農家の夫婦さながら黙々と作業を続け、部屋は柚子の香りで満たされ、弱火にかけるところまでやっとこ辿り着きました。結局二日間ちょっとずつ煮続け、大きな鍋に入りきれなかったものが、その半量まで煮詰まり、ようやく美味しい柚子ジャムになりましたとさ。めでたし。めでたし。う〜む、この柚子ジャム、ほろ苦い酸味と甘みがさやわかな大人の味わい。パンよりもスコーンや焼きたてワッフルなどの甘めのお菓子にとても合う。写真は、駝鳥がパトリス・ジュリアンのレシピで焼いたサワークリームを使ったスコーンでっす。つーことで現在、冷凍庫の中は大きな柚子ジャムの瓶瓶瓶に占領されて常備食品が全然入らなーい。困った〜。

b0090823_22434413.jpgb0090823_2244249.jpgb0090823_22441782.jpgb0090823_22443235.jpgb0090823_22444637.jpgb0090823_22502699.jpg
[PR]
# by holly-short | 2008-01-10 22:45 | groumet

a happy new year!

b0090823_13293522.jpg glufolio


あーあ。

あけましておめでとうございます。すっかり更新を怠っているワタシ。 企画小説の方も放ったらかしだよ、、、、面目ない。。。。そんなこんなでネット自体から遠ざかった年末を過ごしとりました。ホントいい加減で自分が自分で嫌になるうう。なにせ10月からというもの怒濤の肉体労働に明け暮れながら、予定がある日のみ休んでたので、暇な日っつーのが近頃全然ないのであります。言い訳じみていますが、言い訳だけど、これ本当うううう。そんなこんなでブログからも遠ざかり企画小説。。。も、全然書けてません。途中、数日間なにか書くべくPCに向かってみたもののフリーズしているうちにスリープみたいな。。。あーあ。駄目だなー。感想も書きに行けてないし。。。(その後こっそり、お邪魔しましたっっ)悪循環で自分のブログの存在さえも無視する始末。存在を感じつつも見て見ぬ振り。ちゃんとたまには書きなさい!と自分自身に叱咤してみちゃったり、自分の為に自分の記録として書いてるんだからちゃんと書こうよ〜。。なーんて自分自身にお伺いたててみたり、、、なんだかなー。←独り言。いやーマジで。。。

年末は(も?)とにもかくも仕事仕事。もちろん肉体労働であります。今しかフルに働けないので、マスタールーム(ゴルフ場でのスケジュールをコントロールしている部屋)に言われるがままに勤労の日日。ホント!ワタシ現在便利屋と化してるね。まっ願ってもないことでもあるんだけども。。それでも一泊二日の京都旅行もし、わずかな忘年会や、友人らとの集いやら、合間合間にちょこちょこ出かけて、結構忙しくしとりました。以前と違って、関東には友人や親族がいるので、なにかと突発的なイベントが次々と間を埋めてくれちゃう訳です。良くも悪くも、、、。つーことで暇に悩む時間がない。帰宅後は暇さえあれば食べる寝る、でちょっとばかりの読書、家事(特に朝が早すぎて洗濯が溜まる溜まる)、必要最低限の裁縫なんてしてると、一日なんてすぐにTHE ENDなのよねー。近頃は徹夜する体力も気力も勇気もないし。今年の4月からは学校もはじまるっ。一体全体どうなることやらだ。学校は3年間。ナゲー。大丈夫か自分。んで今更勉強なんて出来るんだろうか?物理とか数学とか化学とか、未知の世界なんですけど、、、。必要あらばやるだろ?やるしかないだろ?なんて思いっ切り高をくくってはいるものの、よく考えたら、よく考えなくてもマジで不安だ。つーか不安になる程実体が掴めず、ただただ憂鬱〜。なんで受けたんだ?と今更ながら思ってみたり。。(←やはり得意の考えなしか?)
まっ、いずれにしよなるようになるしかないんだろうケド。。。
結局それかよう!、、みたいな。。。

年末は駝鳥の実家で、ゴルフ、暖炉、温泉の日日。ゴルフは勿論楽しかったケド、暖炉の前での読書は本当に心地よい。心地よすぎて、うたた寝しちゃうんだけど、それもまた最高に至福な時間だったり、、、。ずっとヌクヌク暮らしてたので、こっちに帰ってきてから寒くて寒くて仕方がない。ってことで速攻風邪もひいちまいました。あー喉が痛い。咳も止まらん。それでも、新年杯なるものや、新年ゴルフなるもので、ゴルフ場はしばし混んでるんで、しばらく肉体労働の日日が続きそう。本日はお休みで、久しぶりに家でのんびりコタツムリ(せい様より拝借)しています。コタツムリ最高!しかし、やるべきことを休日にやらねば後でどっぷり後悔しそうなので、美容院やら買い物やらクリーニングやらこれから雑用を済ましに行ってこなければ。あーコタツが温かい。まさに離れられないコタツムリの心境。。。。
[PR]
# by holly-short | 2008-01-07 13:30

ついに人間化。

b0090823_21483359.jpgMAKEOVER MADNESS
by Steven Meisel
for VOGUE ITALIA



行ってきました。ついに!脱毛に!!これで煩わしくも面倒な処理から解放されようやく人間になれます!(あはは。)とは、いっても脱毛は徐々にやっていくので、ロングスパンで2年くらいかけて毛根を殺してきます。(なーんて、薄毛に悩む男性陣が聞いたら胸が痛むね)3ヶ月に1回のペースで毛根にレーザをあて処理。あてる度に毛が薄くなっていくということらしい。これだけ聞いたら本当か?と思うけど、同じ遺伝子を共有する妹で実証済みなので、本当なのでしょう。実際妹の脇なんて毛穴も見当たらないくらいつるつるの仕上がり。最新の技術はスゴイ。ワタシは腕、足、脇を一気に処理してもらう予定。これでプールに行く時も、薄着が心地よい真夏も無駄毛のことなんて一切考えなくて済むわけです。その処理に費やす膨大な時間も(そんなに?)ちょっとした費用も(シェービングジェル買ったり、剃刀買ったり、、、)肌への負担もゼロ。嬉しい。嬉し過ぎる。脱毛自体はけっこう高額だったけど、(それでも一昔前に比べればかなり安い)この出費は正直全然惜しくなかった。駝鳥には馬鹿にされたケド。まっキャディに12回行けば済む程度の話。楽勝っす。つーか、もう最近働いてばかりだし。。。ワタシだって、いつかは人間の女子になりたい。(って、今までのワタシってなんだ?猛獣か?)とにかく毛を生やせるだけ生やし、いざっ!脱毛に行かん。レーザー脱毛は、毛の黒い色に反応させるので脱毛したい部分の毛を処理せずに行かなければなりませぬ。それって単にほっとけばいいだけだから簡単なんだけど、当分プールには行けそうもない。まあ近頃夜プールで泳ぐ体力も残ってないから調度いいっちゃーいいんですけどね。「初回はレーザーあてるの結構痛いよ。」(妹談)と言われていたケド、ワタシは正直なんてことなかった。隣で処理していた母上は、「痛いっっっ!」とか「痺れるっっう!!」とかいちいちウルサくて、あまりにウルサいもんだから、担当の人も気を使い「じゃあ、ちょっとレーザー弱めますね。」って言ったら「いいんです。効果が弱まるといけないからあああ、、、でも痛いっっっっ。キャ〜!」なんてー感じよ。。。。ちなみに母上はビキニラインの脱毛も所望!(今さら何故?との疑問には、温泉に行った際、毛が濃いと思われると嫌だからだとか。。。それって乙女心?)で「ナチュラルなデルタ型に!自然な感じに処理してください。」と懇願。(デルタ型って何だ?)ワタシの担当者の人もカーテン越しに笑いを堪えきれなかったよ。。もちろんワタシも苦(乾)笑い。しかし、一回やるだけでも結構効果があるもんです。一週間後位の時は、もしかしてワタシの剛毛(?)には効かないのでは?なんて思ったけど1ヶ月たった現在は毛がちょっと薄くまばらになってきました。妹いわく、3回目くらいから歴然と効果が出てくるらしい。きっとその頃になったらつるつる素肌でプールに行けるかもしんない。キャディバイトも週末だけになるし調度いい運びだ。さーて、遂に!いよいよ!!ワタシも人間の女子になれるかにゃん?
写真は、VOGUEよりスティーブン・マイゼルが撮影した美容整形中のリンダ・エヴァンジェリスタ in hospital。もちろん撮影用。でしょ?、、、だよね?
相変わらずの貫禄。写真もちょっとオカシク怖いくらいに美しい。
[PR]
# by holly-short | 2007-11-19 21:49 | diary

寝れる森のキャディ。

b0090823_23194788.jpgAndy Kehoe


あー今日も働いたっ。仕事の後の、入浴そして笹かま&読書は、とても幸せな一時です。ヨーノ君ありがと〜。自称不眠症のワタシですが、、、近頃、家に帰ると恐ろしいくらい寝てばかりいます。それこそ寝てるか、食べてるかのどっちかで、、、とにかく肉体がエネルギーを要求、または温存すべく食料&睡眠を求めるもので、求めるがままに喰っちゃ寝喰っちゃ寝を繰り返している。帰宅してお風呂入って、いろいろおやつ(笹かまlove♪)食べて、ソファーでごろごろしてるうちに寝ちゃう。夕飯作るために起きるんだけど、夕飯食べてまたごろごろしているうちにソファーでうたた寝。んでもって、半ば寝たまま歯を磨きしつつ、お布団に移動して本格的なon theお布団の睡眠に入るという正に「寝る女」と化してます。今までワタクシ、自分が不眠症なんだと勝手に思い込んでいたんだけど、それってきっと大きな大きな過ちのようだ。寝れないのは、一日に消化すべきエネルギーをちゃんと消化しきれていなかったからだけで、、、。つまるところ、結局疲れていなかったから寝れないというだけで、人間本当に疲れ果てれば誰でもしっかりと深い睡眠に落ちることが出来るのだ。と、いうか落ちざる負えない筈なのだ。それはまるで、、ストン、、と深い穴に落ちるようなそんな感じに。。。今まで、眠れなくて何度となく辛い夜(本当か?)(本当です!)を過ごしたけど、こんな簡単に人間(自称不眠症の女が!)眠れるようになるなんてっっっっ!!ビックラ。年かな?年もあるかもしれないケド、近頃の睡眠は明らかに今までのものとは質の異なる深く濃厚な眠りだ。深ーく眠れて、でも目覚めは至極爽やか。目覚める時に嫌ーな気分に陥るなんてーこともなくなった。なんつーか後味はスッキリ。朝早いにもかかわらず、比較的すんなりスカッと目が覚めます。駝鳥が美味しい朝ご飯を作ってくれるからかもしんないケド、とにかく朝食を食べれることが楽しみで楽しみで起きる。(結局、また食欲かよ。。。。。。)美味しく朝食を頂く。のんびりする間もなく出勤。そんな感じの一日。とても健全で悩む暇なし。(つーか考える暇もなし)ふーむ。。。ワタシには実は肉体労働が肌に合っているのかもしれないと、マジで思う今日この頃です。今までデスクワークしかしたことなかったから、気づかなかったケド、、、、、これって意外な事実だ。それまでも、運動を1日1時間程度スポーツクラブその他でしていたけど、きっとそれだけじゃあワタシの体力は消耗しきれていなかったのね。ゴルフも何度も行ったけど、ゴルフなんてプレーする方は終始カートに乗りっぱなしで、大した体力消耗しない。学生時代もキャディバイトはしてたけど、月に2度くらいなもんだったし。ゴルフバック担いでゴルフ1.5ラウンドしてたけど、当時はまだ全然若かった。(と、いうか当時の睡眠の質についてはあまり記憶にございませんし、、、)近頃、少なくとも5時間ほど歩いたり走ったり大声出したり(お決まりの「ファー」って奴。)崖を駆け上ったり、日に当たったり、風に煽られたりしていると知らず知らずのうちに結構体力を消耗しているようっす。その前後1時間もなんだかんだ雑用あるし。(週に一度のトイレ掃除とかとか、、、)キャディ、慣れてしまえばやっている最中は、そんなに大変じゃないというか、けっこうお気楽で、個人的には楽勝な感じもするんだけど、この長時間労働が身体に効くのだな。それに仕事中はお昼以外(お弁当持参)基本的には食べれないし(たまに飴くれたり、チョコレートくれたりするお客さんもいるケド、、、、)なんだかんだで体力を消耗。。。前の仕事も色んな意味で疲れることは多かったけど基本的には卓上でのこと。主に人間関係。。。つーか殆ど人間関係。煮え切らない。どうでもいいような。ごく限られた少数内での。。。。だから精神的にはどっと消耗しても、肉体的には全くもって疲れることってなかったんだよねー。肉体的な疲労と精神的な疲労って、同じ疲労でもその質が全く異なるのだな。よって「精神的な疲労は不眠をもよおすケド、肉体的な疲労は快眠をもたらす」なーんて本日の格言でした。って、ことで明日は6日振りの休日。美容院に行くぞー!!さっ、もう寝よう。おやすみー。
[PR]
# by holly-short | 2007-11-18 23:20