頑張る?木枯らし紋次郎〜の巻。

お昼時、ランチにおにぎりなど頬張っていると、、、、

Kからの電話。

「こちら、ハ・ト・ヤに決めた!のハトヤホテルです。」
「、、、、、、、、」
「おい、今なにしてると思う?」
「なーんだ。仕事じゃないの??」
「いや、それがだな、ぽっぽちゃんが気になって家に帰って来たんや。もう卵が孵ってるんとちゃうかって悪い予感がして、、、、。なんと言っても昼間はなかなか良いシャッターチャンスが豊富だからな。。。。。」
「なんか、だんだん動物カメラマンみたいになってきたね。アッテンボローみたいやねー。」
「せやろー。」
「うん。うん。写真もどんどんウマくなってるし、いい感じなんだけどさー、仕事どうしたの?」
「仕事?仕事中や!多忙極まるスケジュールの隙間を縫ってだな、わざわざ来たんやないか。ホンマはこんなことしてる場合やないんやケド、、、、時期が時期だけにな、、、うん。うん。」
「しかしさー、もう一週間半位だから今週はいつ産まれてもおかしくないよね。」
「うんにゃ。でもまだみたいやね。しかも、ポッポちゃんは不在で、紋次郎が卵温めとる。昼間はオスが温めるってのは本当だな。もう近頃、パッとみたらどっちが紋次郎でどっちがポッポちゃんか、すぐ見分けがつくようになったぞ。」
「おお!まるで鳩博士だね。」
「せやろー。紋次郎は目の回りに白い輪っかがあるんやけど、それでなくとも全体的にボッサリしていて、毛並みも悪く、顔も不細工で薄汚ねーもんな。。ポッポちゃんは顔が丸っこくて、毛並みも良くて、いわゆる鳩美人って奴だな。紋次郎は完全にポッポちゃんの尻に引かれとる。。。。」
「あはは、美女と野獣コンビなんだ。」
「しかし、紋次郎はあれだな。。いい加減だから卵がはみ出とるゾ。きっとポッポちゃんに言われて無理矢理やっとるんやな。「メンドクセーナー」つー顔しとるもん。」

⑨はみでる卵。              ⑩「はみでとる?」by紋次郎        ⑪「でや?」by紋次郎
b0090823_23213597.jpgb0090823_23214839.jpgb0090823_2322168.jpg


「あ!卵から離れた。。。あ!行ってしもた。。。。卵をほって、、、、あ!戻って来た!!しきりなおしか?おう!ちゃんと卵2つあるゾ!やっぱりまだ産まれとらんみたいやねー。」

⑫2 eggs               ⑬ポッポに怒られるので仕切り直し!  ⑭哀愁漂う苦労人!男紋次郎の背中。。。
b0090823_23221379.jpgb0090823_23223045.jpgb0090823_23224274.jpg


⑭セット完了!でや?
b0090823_23225824.jpg


「しかし、一個だけ気になる事があるんやけど、、、」
「なに?」
「なんか、隣の人がダンボールを引いとるんやけど、どういうことやろか?」
「え?鳩が来れないように仕切ってるってこと?」
「いや、なんか下にただ敷いてるだけやけど、、、。鳩のフンが付かないようにだとは思うケド、、この間まではこんなものなかった。鳩の存在に気づいたんちゃうやろか。。。なにせ、ポーポーポーポー毎日ウルセーからな。。。。」
「まあ、でも管理人に文句言われてないんだから、今のとこ大丈夫じゃない?」
「明日にでも追い出されるかもしれへん。ポッポちゃんと紋次郎と2つの卵と一緒に。。。。どこに行けばいいんやろか。。。オマエに送ってやろうか?」
「駄目だよ。死んじゃうよ。産まれちゃうよ。きっと隣の人もいつポッポちゃんや産まれてくる雛が遊びに来てもいいようにダンボールを敷いて準備してるんじゃないの?今後に備えて、、、、」
「せやろか、、、、?」
「そうだよ。とりあえず鳩サブレーでも持ってた方がいいじゃない。。」
「銘菓ひよこ?じゃ駄目やろか??」
「ひよこ?、、、でも、いいかもね。鳩も生まれたては黄色くてひよこソックリらしいし。。。」
「うーむ。ひよこの菓子折りと一緒にポッポちゃんごと隣の家のダンボールの上に移動させとくか。。。。。」
「ビックリするだろうね。突然そんなの現れたら。。。もっとも犯人はバレバレだと思うケド。。。」
「こっちだってもう十分ビックリしている。ビックリを通り越してはっきり言って迷惑や!、、鳥はもうこりごり。鳥インフルエンザになりそー。」
「でもいなくなったら、寂しくなるよー。きっとポッポちゃんが恋しくなるよー。」
「そんなことない。早く自由で静かな暮らしに戻りたい。」
「ハトヤホテルは、これからがクライマックスなのに、、、、、」
「、、、、、、、、」

⑮怪しいダンボール。隣人の胸中は、、、、、、
b0090823_23231946.jpg
[PR]
# by holly-short | 2007-09-19 23:25 | ポッポと紋次郎

ちょっとしたことが、、,

以前新しいアパートのキッチンの水道の水が異常な程、それこそ欠陥住宅を疑わせる程(と、いっても築15年の借家なんだけど、、、)跳ねるってことを書いたのですが、私は蛇口のポールが長過ぎて、蛇口とシンクの淵が近すぎることに原因があるんだと思っていた。しかし、実はそんな所には問題はなく、単に蛇口の先端にはめるべきリングが無かったってことが跳ねの原因だと先日判明した。それこそ指輪大のステンレス製の小さなリングをネジ式でくるくるくるっと蛇口先端にはめこんだら、全く水が跳ねなくなりました!それは、まるで魔法のように、、、、それまでは食器を洗う度に、腹がどしゃ降り状態で、冷えるわ、着替えは必要だわ、エプロン無しでは対応しきぬ位、水が跳ねてどうしようもなかった。しかも通常のエプロンでは対応出来ず、タオル地のエプロンを二枚重ねにして使用。。。大昔にもらったフェイラーの花柄ブリブリエプロンが初めて役に立った!!しかしリングを先端に装着した今では水を全開にしても安定したまとまりのよい水の流れがシンクの底に沈むように流れていく。当たり前のことが、当たり前にちゃんとしているってとっても重要なんですね。本来はまっているべきものが、はまっていなかった訳で、大家に文句でも言いたいとこだけど、ご老人だし、言うとなるとなんだか面倒。。。キッチンの手元ライトも電球換えたのにつかないんだよね〜。。。。リングが外れている!という事態は、義理のお兄ちゃん(弟?)が教えてくれた。ありがとー。ちなみにリングは駝鳥が職場からパクってきた。(使用していないものを、、、本当か?)きっと前の人が浄水器かなんかを付けていて、引越時に取り外し、外したリングはどっかいっちゃった!みたいな話かもしれません。予測だけどありがちな話。。。。しかし、このリング一体全体どういう仕組になってるんだろー。。。不思議。。。

ちょっとしたこと、そのちょっとしたことが意外とものスゴーク重要なんだよねー。

b0090823_2394224.jpgで、全然関係ないけど、今朝家のベランダ付近で猫を発見。ワタシの大好きな黒猫ちゃん。ピンクの首輪がオシャレな飼猫のご様子。人には慣れてる感じだったケド、近づくと逃げちゃいそうな感じだったので、遠くから眺めてみました。鰹節をベランダに盛ってみるも無反応。忘れた事に見てみたら全部キレーに無くなっていたので、食べたのかな?明日から鰹節作戦で手なづけるか。。。。。
[PR]
# by holly-short | 2007-09-18 23:09 | diary

「お題小説」、、、、

今回、正直メチャクチャ微妙です。
テーマからもなんだか外れちゃってるし、  テーマ → 「外仕事の兄ちゃん、鳶職っぽいニュアンス」
全体的にうまく書けませんでした!
はじめっから、どんな話にするかっていう軸がなかったんで、(結局浮かばなくて、、、)
だらだら書いていたらなんだか締まりの悪いお話が書けちゃいました。
全然自信なく、期日が来たのでupしちゃいます。
あーなんだかこれを読んで頂くのも気が引けるなああ。。。と思いながら、、、
読みやすいったら、読みやすいと思うのですが、、、、、、、どうだろう。。。。
ああーなんか嫌だなー。まーしょうがないか。。。。弁解が多すぎますが、、、、
批評は多いに受け入れます!どーんと来い。

とりあえず期日通りのupつーことで、、、、、、。

「お題小説」
[PR]
# by holly-short | 2007-09-15 23:38 | 「お題小説」

大事件。

早朝、kからの電話。
「た、た、た、た、大変や!!!事件や。大事件。。。」
「ど、どうしたの?もしかして!!!ポッポちゃんの卵がカラスにやられちゃったとかあああああ?????」
「そんなことなら、まだええ。むしろ、カラス歓迎や。もっと大変な事態がああああああ。もう駄目だ!絶望的だああああああ!!」
「えー!なに?どうしたの?悪い事?」
「最悪も最悪。もうショックでさっき見て、息が止まりそうになった。とりあえずメールを送るから。。。。。もう終わりや。引越の準備でもしとこーかな。。いつ追い出されてもええように。。。。」

⑧大事件!!!!!!

b0090823_7571534.jpg


ワタシ↓
。。。大笑い。。。。大爆笑。。。。

「おい、み、み、み、見たいか!!!!た、た、た、た、たまご、卵が2個もあるんやケド、、、、、、、、、があああああ!!!!!!!」
「スゴーイ!!!!スゴイね。よっぽどそこが気に入ったんだ。しかも、本当に鳥の巣みたいになってんじゃん。いつの間に、、、、スゲー。紋次郎やるううううう。超快適ふかふか空間になってるうー。」
「一体いつのまに産んだんや?人様のベランダに無断で、、、、」
「さあ?すぐに産んだんじゃない。座ったままだったから気がつかなかっただけで、、、、」
「1つでもいい迷惑なのに、、2個も。。。。一体産まれたらどうなっちゃうんだ。。。」
「賑やかな方が楽しくていいじゃん。どうせ温めるなら1つより2つの方が効率いいし、ポッポちゃん賢ーい。」
「そういう問題じゃあらへん。明日から数日間家を開けるのに、、、、このままにしておいてええんやろか。。。」
「いいんじゃない?自然なままにしておくのが一番いいってネットにも書いてあったよ。はじめはコンクリートの上なんかに卵を産んじゃって、新聞紙か毛布かなにかを卵の下に敷いてやらなくちゃイケナイんじゃないか?なんて思ってたケド、、人間の手なんか借りなくてもちゃーんと紋次郎が巣を準備してくれたもんね。」
「毛布なんかやるか!だいたい誰の毛布だよ!」
「でも、不在中に卵が孵っちゃたらメチャクチャ残念だなあ。予定ではまだ大丈夫な筈だけど、、、、ちゃんと卵から孵るとこ、撮影して貰わないと困るなあ。」
「バーカ。知るか。。。それよりも帰ってきたら卵が4つくらいになっていたらどうしよう!!!」
「ありえるよね。違うカップルも「いい場所があるよーん」なんてポッポちゃんからアドバイスうけてそこに巣を作ったりして、、、一杯巣が並んで、それこそ本物の鳩屋敷になっちゃうじゃーん。」
「あああああああ。駄目だ。きっと帰って来たら恐ろしくてベランダ見れへん。でも、ビデオカメラでも設置しといたら、オモロいかもしれへんね。それこそ本当にアッテンボローみたいになっちゃうケド、、、会社から借りてくるか。ま、勿論そんなことはしないケド、、。それより、ポッポちゃん2つも卵をおいてどこいっちゃったんだろー。ちょっとベランダ見てくるわ。又ね!」

ポッポちゃんは、ちゃんとすぐに戻ってまた卵(2つ)を温め続けています!!

巣を検証。

はじめの頃↓ほらコンクリがむき出し。→ 今。すっかり快適空間に。これを巣と言わずとしてなんと言う!b0090823_11345427.jpgb0090823_7571534.jpg

ポッポちゃん頑張れ!
[PR]
# by holly-short | 2007-09-14 07:58 | ポッポと紋次郎

ポッポちゃんの彼氏。

友人Kからのメール。

④ポッポちゃんの彼氏。

b0090823_20282240.jpg


Kからの電話。      ↑注目↑
「おい見たか?大変だ。彼氏が来とるゾ!!」
「うん。見た。頭の部分が、、、。スゴーイ。ポッポちゃん彼氏までいるんだ。」
「なんか、相変わらずウルセーなあと思って見たら、鳩が二匹もおったんや。あーあああ!!もう駄目だ。これでもう我が家は完全に鳩屋敷と化してしまった!!どうにかしてくれー!大家に怒られる。近所からクレームがくる。引越しなくちゃいけないかも。。。。」
「大丈夫だよ。ご近所に鳩サブレーでも配って、ご機嫌でもとっておいたら!よろぴくね!なんて言って、、、」
「バーカ、そんなこと出来るか!」
「でも、もうずっと頑張って温めてるのに、処理するなんて出来ないでしょ。」
「せやなあ〜。彼氏もちょっと怖そうやしな、さっき目があったら睨みつけられた。「スンマセーン」って言って下向いといたケド。。。。」
「彼氏怖いの?どんな鳩?」
「せやな、、、木枯らし紋次郎みたいな彼氏やな。お!シャッターチャンス!ちょっと待てて、今メール送るから。。。」

⑤オイラ、木枯らし紋次郎〜。

b0090823_20294399.jpg


「でや?」
「本当だ。木枯らし紋次郎みたいな彼氏だった。」
「すげーだろ。さっきから何度も何度も藁をくわえてやってきてはポッポちゃんに渡してるんよね。きっとこうやって下がフカフカになってたんやろね。謎が解けた。」
「卵のパパなのかなあ?」
「解らん。でもさっきから何度も来ては、クチバシづたいに藁を渡しとる。貰うとポッポちゃんは座ったまま下の方に藁を入れとるみたいや。働き者のなかなかエエ奴や。ポッポちゃんやるなー。」
「なんか盛り上がって来たねー。いい感じやね〜」
「いい感じなことあるかい。しかし、あまり刺激するのはよくないから、そっとしておこ。なんか頭痛がしてきた。鳥インフルエンザかもしれへん。ってことで又な。」

⑥藁をもらってご機嫌のポッポちゃん。

b0090823_20311942.jpg


⑦紋次郎も卵を温めてる?手前にいる方がポッポちゃん。

b0090823_2031572.jpg



ネット調査の結果2。
鳩は、大きい方がオス、小ぶりな方がメスの場合が多い。鼻の上の白いマークが大きな方がオスで小さな方がメスである可能性が高いとのこと。よってやはり元々いた方がメス、ポッポちゃん。今日現れた(ずっと前から密かに現れていたんだろうケド、、、)方がオス木枯らし紋次郎。のようです。よくよく調べたら鳩は一夫一妻だそう。卵もオスメス交代で温めるようです。基本的に昼間温めるのがオス、夕方から朝にかけて温めるのがメスなのだそう。
[PR]
# by holly-short | 2007-09-13 20:32 | ポッポと紋次郎

ポッポちゃん健在。。。。。

ポッポちゃんのことが気になり友人Kに電話をする。

「ねえ、ポッポちゃん元気?」
「知らん。」
「嘘おおおお〜。いなくなっちゃったの????」
「いや、見てないから解らん。」
「えー。見てよ。まだちゃんと温めてる?生きてる?卵ある?見て、見て、見て、見てー!!!」
「怖くて見れへん。」
「大丈夫。大丈夫。幸運の鳩だよ。ラッキーチャームだよ。平和の象徴だよ。」
「いや、実はまだポッポッポッポッとガラス越しに鳴き声が聞こえるんだ。窓閉めてるからよく解らんけど、、、」
「なーんだ、大丈夫なんだ。よかったー。」
「そんな、、、。人の不幸を喜ぶなんて、酷い。酷すぎる。こっちは怖くて窓も開けられへんつーのに、、、」
「ねえ、ねえ、ねえ、ねえ、ポッポちゃんどうなってるか見て、見てー。写メール送って、送ってーーー。」
「こっちは、アッテンボローでも、ムツゴロウでもないんだぞ。ちゃんと家賃も払って住んでる人間様の家なのに、なんで鳩に気を使って暮らさなくちゃいけないだ。。。可哀想過ぎる。」
「鳩のおかげでパチンコも勝ってるようだし、いいじゃーん。約一ヶ月で巣立つらしいからさー。それまで観察しようよ。動物愛護の精神で、、、。」
「ばあーか、そんなもんあるかっ。でも、そういえば昨日も1万勝った。」
「ほら!やっぱりポッポちゃん効果だよ。別に餌くれって言ってる訳でも、世話してくれって言ってる訳でもないんだし、いいじゃーん。ちょっと間借りするくらい。」
「阿呆う、オマエ。。。こっちはベランダにも出れへんし、ベランダに出ようとするとポッーポッポッポッポッ!!!って怒りだすんだゾ。仕方ないから「スンマセーン、失礼しました、、、」といって窓を閉めなきゃならへんのや。なんで家主がビクビクしながら生活しなくちゃいけないんや。でも、ちょっと見てみるか。。。。」
「いる?」
「おる。おる。おる。おる。温めてるゾ!なんか前に見た時よりも下の部分がフワフワしとる。何や?どうしたんやろか??なんかちょっと巣みたいになっとるゾ!いつのんまにか快適空間に。。。。」
「マジ?見たーい。」
「じゃ、メールするから、又ね。」
「はーい。」

③ポッポちゃん卵を猛烈温め中〜。

b0090823_1712813.jpg
[PR]
# by holly-short | 2007-09-13 17:12 | ポッポと紋次郎

飛び出す絵本。

b0090823_23325439.jpgなんて、どーでもいいこと書いてる場合じゃなくて、今月のお題小説。テーマは、「外仕事の兄ちゃん、鳶職っぽいニュアンス」に頭を切り替えなくちゃいけないのに、、、、まるで手につかない。ま、まだ4日あるし、いっか〜。なんて今日も1日中裁縫三昧の1日でしたっ。。明日から、篭って頑張るか。なんとなく頭の中ではシミュレーションしてるんだけど、実際に書き出してみないと、まるでどうなるのかは不明。なんとなく、やる気になるかも?なんて思って村上春樹の「遠い太鼓」を読んでみるも、ワタシのテーマとちょっとつーか、かなり合わず(そんなことはじめから解ってるじゃーん!!)で、余計やる気が遠のいてしまった。。。しかし「遠い太鼓」はいいですね。旅行記の中では一番好きかも。読みやすいので夜寝る前とか、お風呂の中とかトイレの中とか何度も繰り返し読んでいる。そんなんだから本もブヨブヨのボロボロ。。それでも、たまに無性に読みたくなって、本棚の奥から引っ張り出してくるのだ。まさに孤独が心地よくなる一冊。村上春樹の本はワタシの中で全体的に孤独ガイドとして位置づけられている。まっ元々独りでいるのって平気な方なんですが、(どちらかと言えば)(でも寂しがりやなんだけど、、、)更に!より一層!孤独癖に磨きがかかっちゃう。みたいな、そんな感じ。で、そんな寄り道ばかりして、「お題小説」全然スタートラインにも立てずにグズグズしているワタシなのでした。


b0090823_233395.jpgb0090823_23332310.jpgb0090823_23333566.jpgで、タイトルの飛び出す絵本は、駝鳥のコレクション。今日、Amazonで突然送りつけられてきました。恐竜の方は以前から持っていて、今回はシャーク。いらねー。。。それでも姪っ子3歳のアンコはいたく「恐竜時代」がお気に入りで、テラノサウルスの大きな口の中にアンパンマンゴムボールを突っ込んで、アンパンマンを恐竜から救出するごっこがいたくお気に入りのご様子。来る度に、アンパンマンをテラノサウルスの口の中に突っ込んで、ギャーギャー大笑いしとります。そんな感じで購入して以来はじめて役に立った飛び出す絵本。しかも、何故かこの絵本、中の文章が全部イタリア語!表紙は日本語なのに何故??どうひっくり返っても読めねーじゃん。。阿呆ちゃう  :-P。で、シャークの飛び出す絵本(今回は英語。あたりめーだ!)にも「なにこれ?」のワタシの蔑むような視線に、駝鳥は「アンコの為だ!アンコが喜ぶと思って、、、」だってさ。アンパンマン、今度はデッカいジョーズに食べられちゃうんだね。
I am very sorry for him.
ちなみにこの恐竜フィギュアは、アンコから駝鳥へのプレゼント。その後に続くチョロQも、、、、
[PR]
# by holly-short | 2007-09-11 23:34 | diary

世界平和のため?にやってきたポッポちゃん。

朝っぱらから突然の電話、友人Kより。

「どうしよう。事件が起きた!」
「事件?」
「事件や。事件は現場で起きている!!」
「で、どうしたの??」
「昨日の夜からね、ポッポッポッポッポッ鳩がウルせえなあって思って、ベランダを見る度に鳩がベランダをヒョコヒョコ歩いてるから「ウルセーゾオ!」って何度も言ってやったんだけど、それでもしつこくポッポッポッポッポッやってたんだよね。で、朝になっても鳩がいるんだよ!ベランダに。」
「え?それだけ?」
「いや、それだけじゃない。よく見たらなんかお腹の所に鳩が白い物体を抱えていたんだ!解る?白い物体。これは、いわゆる卵だな。」
「マジ?嘘?すごーい。」
「これ、どうしたらいいんだろー。ベランダから放り投げるか?喰っちまうか?」
「えーやめて!!温かく見守ってあげればいいんじゃないの。鳩は平和の象徴だよ。そんなことしたら祟られるよ。平和の使者である鳩に選ばれたってことじゃない?」
「そうかな?世界平和のためにこの卵を見守るべきなのか?でも、もうずっとポッポッポッポッポッウルサくてかなわんのだけど、、、、。扉しめたら暑くてクーラーかけなくちゃいけないし、クーラーかけると室外機から水が出て、ちょうど鳩のいる場所が濡れてしまう。」
「えーでも駄目だよ。処分しちゃ。可哀想だよ。世界平和にかかわるよ。戦争が起きるかもしんないよ。動物愛護の精神で一緒に卵を孵しなよ。」
「そういや、先週の週末にベランダが汚いから掃いたんだよな。鳩の糞や羽根や葉っぱや小枝が散らばってて、掃いてベランダの溝に集めておいたんだ。よく考えたら、その上に鳩は卵を産んでいる。あー、ちゃんとゴミを集めて捨てておけばよかった。。。」
「でもほら、卵が生まれたり、卵が孵るってなんか幸せの象徴って感じするじゃん。鳩は平和の象徴だし、丸いものが出てくるってなんかパチンコの玉が出てくるみたいでさあ、きっといいことあるよ。」
「そういえば、昨日九万円勝った。」
「でしょ。ほら、卵のおかげだよ。え?九万円も勝ったの?ちょっと送金して。」
「しかも、そういえばウルトラマンが世界平和を守るため〜と歌っていた。」
「ほら、やっぱり。卵を大事にしないと駄目だよ。食べたり、捨てたりしちゃ駄目よ。」
「これ、食べれるのかな?」
「知らないけど、産みたてだから美味しいかもしんないよ。白いほかほかご飯で卵ご飯とか、醤油なんかたらして海苔を散らして、、、、」
「おまえこそ、ひでえ女だな。。。しかし食べたらもっとご利益あるかなあ?」
「うーん、でも鳥インフルエンザになったらイケナイからやめといたら?」
「そうだな。とりあえずこのままにしておくか。。。今日もウルトラマンで世界平和を守らなくちゃいけないしな。。。。でも、帰ってきたらもっと卵が並んでいたら、どうしよう。。。」
「そしたら、もっと御利益あるかもよ。」
「それもいいな。。。とりあえず、メールでウチのポッポちゃんの映像を撮って送っておくから。インターネットで鳩の卵、どれくらいで孵化するのか調べといてね。じゃあ。」

携帯を切り、メールを2件受信。

① 鳩屋敷、ポッポちゃんとその卵。  ② カメラ目線、ポッポちゃんけっこう強気。

b0090823_11345427.jpgb0090823_11351232.jpg


ネット調査の結果。

鳩の卵は二週間程度で孵るらしい。鳩に巣を作られると、ベランダは糞尿と小蠅で、非衛生的な状態となり、ベランダに出たり、洗濯を干したり出来なくなってしまうこともある。鳩と雛の鳴き声がウルサく、周囲に迷惑。一度卵を産んで孵化すると何度もそこで卵を産む習性がある。よって卵を住居で産んでしまったら素早く処理をしてしまう方がよい。しかし、鳩は卵を温めるのを途中で放棄してしまうことも多く、放棄された卵は孵ることなく腐ってしまう。

とりあえず、このこと↑は黙っておこう。
果たして卵は孵るのか?
人ごとながらちょっと楽しみ!!
[PR]
# by holly-short | 2007-09-10 11:37 | ポッポと紋次郎

お裁縫におけるワタシの三ヵ条。

b0090823_22215269.jpg
1.   1度に1プロジェクト。
2.  状態のいい道具を使う。
3.  失敗する前に修正、それでも失敗したら、、、、、、捨ててしまえっ!


そしてまた裁縫ネタばかり、、、って実際に裁縫ばかりしてるんだからしょうがないよねん。近頃ワタシの生活の実に80パーセントが裁縫で占められているといっても過言ではない。そろそろ?飽きるんとちゃうのおお?なんて自分に問いかけつつ、ダマシダマシ一針闘魂で頑張っとります。と、いっても近頃は自分のお洋服は一切作っていない。作らなくちゃいけないんだけど、、、なかなかそこまで辿り着かない。特に現在、子供服にどっぷりはまっていて3歳の姪っ子アンコちゃん(もち仮名つーか、あだ名?)のお洋服作りに余念がありません。だって、子供服ってほんとカワイイんだもん。小さくて、色々工夫出来るし、工作感覚で自由の幅が広いのだ。それに簡単だし、着てみると又更にカワユイ。もう気持ちの上では次から次へと作りたくなっちゃって、こんな服あんな服って作りたい衝動で身も心も一杯になってしまう。しかし、そうはいっても実際に作るとなるとせいぜい1日一着が限度。無理すると失敗して、裁縫それ自体に辟易しちゃうもんだから、そういう自分のハイパーテンションを抑えローギアーにコントロールしつつ現在進行形の一品のみに集中するっ!つーことが重要なのです。

1.   1度に1プロジェクト。

それがけっこう難かP。昔は、現在進行形で、2個も3個も一度に平行して作ったり、3個も4個もとりあえず型紙を作っちゃって、布をカットするところまでやってしまったりしていたケド、それは絶対にNG。ワタシの中では。そんなことしてると、途中で放り投げちゃうものがボロボロ出てくるのがオチ。実際に何個も放り投げたし、、、、裁断済みの布を忘れた頃に発見しても、もう全然作る気分はどこかに行ってしまっているのだ。。。裁断してない布なら、どうとでもなるけど、一度カットしてしまったら、もう作るか、捨てるしかないんだよね(もちろん使えるとこだけ切ってとっとくケド。。。勿体ないし、、、でも、もうどうにもならない端切れ状態。。。)だから、最後の最後まで1つを丁寧に作り上げてから次に進むべし!つーのが長続きのコツなんだよね。(当たり前?)なんかたまに裁縫熱に犯されてたりなんかすると、ベルトコンベアー式に次々と手を出したくなるもんだから、困りものなのだ。

2.  状態のいい道具を使う。

これも当たり前だけど状態のいい道具を使うってのはとっても重要なファクター。特にミシンの糸調節、ハサミの切れ味、ミシンにちゃんと油をさす、針と糸の相性、糸の種類などなど、状況によってどうにもならないこともあるけど、、、特にミシンはスムーズに進まないと、本当にイライラする。針の番号と糸の番号があってないと、すぐにこんがらがったりだとか、糸が抜けやすかったりして、結果的には変なものが仕上がっちゃうなんてこともある。ま、どうにかなっちゃうこともよくあるから、結構甘くみてるんだケド、たまにここで!!致命的なミス!!を犯したりするから、道具の善し悪し、管理は結構あなどれないのであります。

3.  失敗する前に修正、それでも失敗したら捨ててしまえ!

とにかくいい加減に「どうにかなるさあ〜」なんて進んでしまうと、もう取り返しのつかない状態になっちゃったりするんで、先手先手で大した問題でもない?と思っても完璧に近い状態に常にもっていくことが意外と(つーか、かなり)重要。とにかく先手必勝。後から修正するのってゴッツ面倒なんで、エイヤーって勢いで進めない方が地獄に堕ちないコツです。もう失敗にハマると大変、一針一針糸を外したり、もうそれでもどうしようもなく取り返しがつかなかったり、修正すれば修正する程、汚く難解になっていったり、、、。で、挙げ句の果てに、トンでもないもんが出来上がったり、とてもじゃないケド着れないものが出来上がったり、なんつーことも珍しくない訳です。もう、だから、結局、つまるところ、なんだかんだいっても失敗してしまったら。スッキリ切り刻んで端切れにしてしまいましょう。作る筈だったそれのことは綺麗さっぱり忘れてなかったことにしちまいましょう。勿論次回への反省は必要だけど、、、失敗作はやる気をなくすので、なかったことにしてしまうのがいいと思います。そうやってワタシの記憶から消されていったもの達は数知れず、、、、、でもそれがランチョンマットになったり、お弁当用の風呂敷になったり、ティッシュケースになったり、アンコの洋服に変わるなんつーこともある訳だからスッカリ無駄って訳じゃないんだけどネ。。。

とにかくクリーンで一糸乱れぬ心地よい気分でお裁縫するっつーのがワタシのテーゼ、そのためには、以上3ヵ条がとっても重要なマストファクターなのだ。
と、いっても実際は全然守れてナイんですけどね、、、、、。
そういやミシンに油なんて、半年以上もさしてないし。。。 :-P

以下はアンコちゃんの為に作った服たちの一部。来年の夏にピッタリ着れるようなオーバーサイズ気味で作ってます。秋冬は長袖の上なんかにも着れるように。
うーむ、自分で言うのもなんだケド、なんてカワイイのお。(そうそう、自画自賛も裁縫には重要!)又作っちゃお〜。まだまだやる気満々、醒めやらぬ裁縫熱。

b0090823_22223249.jpgb0090823_22221366.jpg
[PR]
# by holly-short | 2007-09-09 22:23 | 裁縫

my tiny herb garden.

b0090823_1847204.jpgamy stein


今日は、ハーブを求め、近所のホームセンターへ、、、、と思ってネット地図でホームセンターを調べて行ったにもかかわらず、どこにも見当たらん。結局、鎌倉のユニオンという外国製品を専門で扱っているスーパーにてハーブ各種を購入。スウィートバジル、グリーンバジル、チャイブ、ローズマリー、タイム、レモンタイム、レモングラス、おまけにルッコラとブロッコリも。(ブロッコリ本当に育つのか?)ホームセンターは見当たらず、鎌倉周辺を適当にぶらぶらし、途中ナイスな布屋さんも発見し、思わず布を購入!(あーん、せっかく裁縫しまくって在庫を減らしている最中なのにいいい)。そんな感じにブラブラしてたら、なんかもうホームセンター見当たらんし、どうでもいっかあああ、、、なーんて思いながら家路につく途中、本当に小さな小さな「ホームセンター」を発見した。ホームセンターといえば、普通駐車場は広大で、端から端まで巨大すぎて見て回れないようなとこのこと言うんじゃないの?、、、ここってホームセンターってよりも金物屋?って感じで、それも一般の人達ってよりも業者専門に材木や、様々な金物なんかを扱っているような職人気質のお店だ。その名も「ホームセンター」という店の名前の。。。。途中コンビニの人や道行く人に聞いたけど、「ここら辺にはホームセンターはないよ」って言っていた訳が解ったワ。店のオヤジ(まさにオヤジって感じだった)に「植木鉢と土ありますか?」といったら、「最近はそこまで手が回らない。でも、どっかにあったような、待ってて!」と言われ数分後、埃かぶった鉢と土がどっかから出てきました。古そうで、得体がしれないからか??表示価格よりオマケしてくれた。ついでにピンクのカワイイホウキを発見したのでそれも購入。b0090823_18474072.jpgb0090823_18531887.jpg1500円なり。オヤジによると「このホウキは人気商品ですぐに売れちゃうんだよ。可愛いでしょ?」だって、、、。(本当か?この超業務用ムード満点の店に可愛いものを求めて誰か来るの?一体誰が?近所の主婦か?)きっとはじめは、もっと近所の主婦を対象にしていて、「ホームセンター」なんつ〜大袈裟?な名前をつけたんじゃないかな。そのうち大型スーパーなどのあおりを受け、方向転換して職人専用の物なんかを置くようになったのかも?しかし、店内本格的な商品が所狭しと雑多に並んでいて、けっこう目を引くものもありました。ワタシ、部類の道具好きだから。材木でも買って、DIY主婦にでもなるかな。。。で、話はとんとん拍子に飛んでしまったけど、家に帰ってプチハーブガーデンを作成。ハーブ類は虫がつかないから育てやすく、料理にも手軽に使えるのでとっても便利なのだ。しかし、鉢植えにしてベランダに並べてみたけどまったく華がないね。まー実際花も咲いてないんだけどさ。まるで雑草植えたみたいだ。でもいい香り〜。ハーブ料理でもしばらくエンジョイしてみるか。。。b0090823_18482075.jpgb0090823_18484571.jpg
[PR]
# by holly-short | 2007-09-08 18:51 | diary